« 悲愴な吉田沙保里 | トップページ | リオ・オリンピック »

2016年8月21日 (日)

台風襲来の前日

 台風9号が22日の早朝から関東を直撃するらしい、と昨夜から騒がしい。21日から大雨をもたらす、とか。しかし、雨の様相は見られない。

 ツクツクボウシが、庭で騒いで、その鳴き声で、目が覚めた。時計を見たら5時半である。迷惑な事で、眠い。カーテンを開ければ太陽の光が目に染みる。ツクツクボウシは夕方鳴くのが常識ではなかったか。空を仰げば、一面、筋雲だ。秋の雲である。暑いと言っても、生物たちは秋を感じて秋の支度を急いでいるのだろう。

 木陰を求めて森のテラスにお邪魔した。この森では、ツクツクボウシと、ニイニイゼミが競い合って合唱している。ご存知だろうけれど、関東にはクマゼミはいない。蟻の長蛇の列に遭遇した。蟻たちも、秋の準備に余念がない。細い棒で列を乱して、悪戯を楽しんだ。蟻の長蛇の理由は、冬の食料を貯め込むための作業である。一連の台風が立ち去ると、一気に秋模様になるのだろうか?期待したいのだが。

<会いたかった画家」安野光雅 山川出版社

著者は家アでありエッセイシストである。画家から見た画家の絵の評価は、造詣が深く参考になる。ボケ爺の絵の鑑賞は、あまりにも浅い。これを機会に、絵画を始めたいのだが、まだまだ、勇気が出ない。残念なり。

|

« 悲愴な吉田沙保里 | トップページ | リオ・オリンピック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/64091130

この記事へのトラックバック一覧です: 台風襲来の前日:

« 悲愴な吉田沙保里 | トップページ | リオ・オリンピック »