« ロコモとは? | トップページ | 最後のクロマグロが死ぬ »

2016年7月31日 (日)

「津久井やまゆり園」

 障害者施設「津久井やまゆり園」で、19人もの殺害事件が起きてしまった。悲惨な事件である。更に被害者が、抵抗するに不自由な人たちであったことは痛ましい。(合掌)

 銃での殺害ではなく、生の肉を自分の手で、激しく叫ぶ被害者を19人、総計45人をいたぶる精神は、異常である。言葉では語れない悲惨な事件だ。

 一般に、殺害の動機は、今までは「恨み、妬み」が大部分だ。IS、や、欧米でのテロなども、多少なりとも民族差別、貧困の差別などの「恨み」が背後にあったが、今日では、無目的、無差別となっている。

 今回は、単に、「障害者は生きていては迷惑だ」との差別(?)である。このようなことがあっては、おかしいな世の中になる。欧米や、中東で進んでいるテロと同じような新たな犯行動機である。

 欧米では、すぐに、首相クラスが現地入りして、声明を発表するが、日本の安倍首相、政府は行動を起こさない。如何なのだろうか?「経済、経済」や、「強兵、強兵」で、この事件の社会性には、関心が無いらしい。困ったものだ。

 又、裁判の時、弁護団は、「精神鑑定などで、精神異常者として」の判定が出て、裁かれないのではないだろうか?こんな事があってはならないのだが。

 残念な日本に。

|

« ロコモとは? | トップページ | 最後のクロマグロが死ぬ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/63993276

この記事へのトラックバック一覧です: 「津久井やまゆり園」:

« ロコモとは? | トップページ | 最後のクロマグロが死ぬ »