« 物づくり大国、日本? | トップページ | 読書が先行して? »

2016年6月26日 (日)

不確定性の深まる時代へ

 英国のEU離脱が、実現してしまった。世界の金融の先行き、つまり、経済の先行きは全く読めない。さて、日本はどうするのか?最終的には、英国とEU連合との離脱条件の成り行きに因るのだが。経済的には、それなりに常識的な所に落ち着くであろうから、そんなに心配することは無い。しかし、スコットランドがEU加盟を選び、独立を果たし、英国の連合は崩壊するだろう。

 冷戦が、東西ドイツの統合で崩壊して、資本主義と、民主主義の融合が上手くいくことで、期待をしていたと思う。しかしながら、融合することは難しく、「格差が拡大」の一途をたどって来た今日、人々は「過去への回帰へ」の道に夢を抱くようになって来た。

 EU諸国は、EU格差の代表のギリシャの財政負担から、ウクライナの民族主義の問題、今では移民問題に、大きな難題を抱えている。「格差拡大の阻止」のリベラルが台頭している。人類は、この格差を巡っての揺り返しの歴史でもある。

アメリカの人民格差社会もその一つだ。トランプ氏の過激な国粋発言に、国民は酔いしれる。フランスも、EU批判勢力が台頭してきている。ひざ元のドイツでも然りである。それに続く事、オランダ、デンマークもその傾向が、毎年強くなっている。

 日本のアベノミクスの基本は、「過っての日本力を取り戻そう」の「幻想の経済成長路線」に、期待し、支持を得ている。過激な国粋主義、この傾向は、「トランプ志向」と同じである。世界的現象でもある。中東のイスラム問題は、民族主義を原点としている。民族主義も、「格差問題」をルートにしている。

台湾が大統領交代を選んだのもその一つ。中国は、香港の経済の地盤沈下と並行して、バブル崩壊へと向かう。それにつれ、民族独立の機運が起こって混迷の時代が訪れることだろう。

 英国のEU離脱は、先行き不透明な不確実性を加速させて、その混乱は、21世紀中は続くきっかけを作ってしまった。資本主義の格差が、民主主義が駆逐されるまで。これは「動的平衡」エントロピー拡大の第二法則だ。大変な時代になった。

|

« 物づくり大国、日本? | トップページ | 読書が先行して? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/63831486

この記事へのトラックバック一覧です: 不確定性の深まる時代へ:

« 物づくり大国、日本? | トップページ | 読書が先行して? »