« 不確定性の深まる時代へ | トップページ | 改善の深追いは、老化する? »

2016年6月29日 (水)

読書が先行して?

 最近、ブログのネタは新鮮味を欠いている。反省!何故か、雑用に追い立てられて、セレンディピッティが起きない。よって、読書が先行してします。

 英国のEU離脱で、世界の政治、経済は混迷の時代と突入した、不確実性が増した。読書も、いつの間にか、それを見越して、経済、経営に関心が起きていた。

<読書>

「経済学私小説<定常の中の豊かさ」 斎藤誠 日経BP

乱読すれば良書の当たる(犬も歩けば棒に当たる)。ボケ爺は乱読者である。まさに本箸は良書である。生物学では「動的平衡」福岡伸一の理論がある。経済でもこの「平衡」が<定常>と言う言葉で提起された。嬉しい限り。しかし中身は、まだまだ確立されたとは言えない。マクロ経済学の基礎として理論化して欲しい。複雑系の経済の基本だから、と思っている。英国のEU離脱は、この平衡状態を嫌う動きか?それよりも、人間は、如何すれば欲望を抑えて、「豊かさ」を感じるのか?

<読書>

「ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学」入山章栄 日経BP

日本からこんなに優れた経営学書は、初めてでは無いだろうか?米国から経営学で、日本は勉強した。本箸も基本は、米国の経営学を基本としているが、それぞれ、個別の経営学を、どの様に総括して活用すればいいのかをまとめている。目から鱗だ。これで、少しは、戦略学が整理出来るだろう。

<読者>

「最強の経営者」高杉良 プレジデント社

=小説「樋口廣太郎=

低迷のアサヒビールを再生、トップシェアにした人物として有名だ。HBRでも有名だし、MBAの教材でもコモディティ分野の奇跡の成功例として、必ず取り上げられる伝説の経営者である。「チャンスは貯金できない」「前例がないからやる」「口先、頭でビジネスをするな」。高杉流美談話が一杯である。勇気が出る。著書の後半は余分だが。

|

« 不確定性の深まる時代へ | トップページ | 改善の深追いは、老化する? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/63844165

この記事へのトラックバック一覧です: 読書が先行して?:

« 不確定性の深まる時代へ | トップページ | 改善の深追いは、老化する? »