« 舛添都知事の引き際もセコイ? | トップページ | 都議会の大罪 »

2016年6月19日 (日)

気後れする父の日

 ボケ爺は、平凡な父である。二人の子供が居るが、住まいは離れている。いずれも2人の子供を為している。つまり、4人の孫を持っていることになる。その孫たちは近寄ってこない(離れているからだが)。

贈り物が届くのだが、申し訳ない気持ちで一杯だ。感謝をされる資格など無い。子供たちと、まともに付き合ってこなかった。子供たちも不満に思っている事だろう。善い父親では無かった、と自覚している。来年こそ、贈り物不要、と断ろうと思うが、言えば角が立つ。変骨爺、と言うだろう。毎年グズグズと優柔不断のままだ。来年こそは?

今日も蒸して気温が高い。梅雨と言えるほどの雨が降らない。関東の水瓶は50%を切っていると言う。台風も発生が遅れている。今年の梅の実は、少ないが、大きい。我が家だけでなく、全国的な傾向らしい。何故だろう?気候の影響か?

ここの所、このブログをサボっている。仕事で切羽詰まっている案件が多いからだ。こんなブログでも、やはり余裕が必要なのだ。

<読書>

「孫子の至言」田口佳史 光文社

コラムの寄稿の参考に読む。孫子の兵法は、何時よんでも、参考になる。が、時代と共に、その兵法が、陳腐化することは無い、が、実行となると可能かどうかは解らない。本箸は、複雑な社会の生き方に、自己に勝つ為にまとめられている。さて?

|

« 舛添都知事の引き際もセコイ? | トップページ | 都議会の大罪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/63801029

この記事へのトラックバック一覧です: 気後れする父の日:

« 舛添都知事の引き際もセコイ? | トップページ | 都議会の大罪 »