« クリントンVSトランプ | トップページ | 気後れする父の日 »

2016年6月14日 (火)

舛添都知事の引き際もセコイ?

 舛添知事も、与党、取り分け自民党に支配されて、身動きが取れない。歴史は、繰り返しできないが、参院選挙が無かったら、どうなっていただろう。即刻辞任だった?

自民党は参議院選の影響を考えて、辞任の引き延ばしを、舛添知事に指示。それに乗っかって、セコイ舛添知事は、保守派の弁護士で、第三者委員会などとセコイ策を講じたが。

ここまで、セコイ舛添知事に、誰もがアングラと口を開けている。2人の弁護士の費用は誰が払ったのだろうか?舛添?まさか都の費用? 

最もの違法性は、ホテル費用だ。全てが、家族との宿泊費を請求して、その理由が、個人的(その前は複数の人だたが)に会議を開いたと。その中身は言えない。言えば違法となるからだ。まんじゅうを配ったのも、小渕議員と同じである。選挙法違反だ、が、今になっても、記載が間違えたで、誤魔化す。

美術品の購入で、外交に活用する、と。何処までは公費で、個人かは、未だにはっきりと提示をしない。これから精査すると言う。呆れてしまう。下着、回転鮨、絵本、趣味の本、等、個人仕様だが、政務活動費では違法で無い、と言う。それにしても、たかが、多く見ても600万円程度。セコイ!

さて、自民も公明も見放した。が、自民の辞職勧告を拒否した。自民党に振り回された舛添知事は、自民党と同じように、引き際もセコイのか?

<読書>

「人は、誰もが「多重人格」田坂宏志 光文社新書

=誰も語らなかった「才能開花の技法」=との副題である。人の潜在能力は良く分かっていない。性格も良く理解できない。人は複雑だ。多重性ではなく、「多重人格」の育成で、人の能力は伸びる、と言う。先ず、人格と能力は相互作用している。能力は人格形成で磨かれる。人格形成の努力で、能力が磨かれる。

|

« クリントンVSトランプ | トップページ | 気後れする父の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/63777377

この記事へのトラックバック一覧です: 舛添都知事の引き際もセコイ?:

« クリントンVSトランプ | トップページ | 気後れする父の日 »