« 経済敗戦国日本 | トップページ | クリントンVSトランプ »

2016年6月11日 (土)

日本のエンゲルス係数は今?

 日本のエンゲルス係数が、近年急上昇しているとのニュースあり。失われた20年はほぼ一定であった。がここ3年は上昇している。何故か?

 簡単だ。賃金が相対的に下がっているからだ。つまり格差が予想以上に進んでいるのではないだろうか?日本人総下流となった。中国を笑えない。

 それにしても、日本のエンゲルス係数はGDP3位に位置している割には、高すぎる。国民一人当たりのGDPは、WW24位である。この位置に関係している。つまり、日本は豊かではない。

 アメリカは、15%。ドイツは、上昇して18%。イギリスは、下がって21%。スエーデンは、上昇して22%。フランスは、上昇して23%。日本は急上昇で24%。

 それにしても、アメリカと比べて、何故こんなに高いのか?贅沢な人民なのかもしれない。食べるしか楽しみが無いのかもしれない。フェースブック、ツウィター等、食べ物の写真ばかり。

<読書>

「仇敵」池井戸潤 講談社文庫

エリート銀行員が、上司の不正を暴こうとした同僚の謎の死亡の敵と、動いて職場を追われて転職。同僚にも、自分の正義にも、復讐を誓い、ついにその不正を暴き、めでたし、めでたし。

|

« 経済敗戦国日本 | トップページ | クリントンVSトランプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/63763050

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のエンゲルス係数は今?:

« 経済敗戦国日本 | トップページ | クリントンVSトランプ »