« 機内食のナマズのかば焼の味は? | トップページ | 経済敗戦国日本 »

2016年5月29日 (日)

すでに紫陽花が

 3日前に井之頭線を明大前から渋谷へ、利用した。その沿線の両サイドの紫陽花は、延々と続き、梅雨時の憂鬱な時期を癒してくれる。すでに開花しているが、まだ、花の色は薄い。これから一ヶ月は楽しませてくれるだろう。

 一方、我が家の紫陽花は、まだ開花していない。否、花の芽を付けていないから、当然だ。紫陽花の剪定は難しい。切り過ぎるのだろうか?今年は剪定を止めてみよう。

 我が家は、サツキの花が満開だ。昨年よりの勢いが良い。今年は、何処のサツキも美しい。さて狂い咲きか?

<読書>

「ユーモアのレッスン」外山滋比古 中公新書

2003年の作である。ユーモアの例を良くここまで集めたものだ。根気のいる仕事だ。だが解らなかったのは、ユーモアと、ウエットと、ペイソスと、の違いだ。また、日本の「洒落」とは?ユーモア、と言えば英国だ。日本にも、沢山の作品がある。落語、川柳(俳句)、等。漱石の「吾輩は猫である」「坊ちゃん」は最高。しかも、英国嫌いだった、その英国仕込みだと言う。ユーモアが話せるには、心の余裕が、何と言っても必要だ。経営者の必需品である。

|

« 機内食のナマズのかば焼の味は? | トップページ | 経済敗戦国日本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/63701320

この記事へのトラックバック一覧です: すでに紫陽花が:

« 機内食のナマズのかば焼の味は? | トップページ | 経済敗戦国日本 »