« 驚きのニュース2件 | トップページ | 驟り雨(はしり雨) »

2016年4月16日 (土)

地震・雷・火事・親父

 昔から、地震は最も偶発的で、危険な物と言われていた。熊本を中心とした、14日からの地震は、これまでに無い展開で、災害を拡大している。地震は複雑系だ。

 活断層型の地震である、と言う。震度6程度の前震、本震、余震が続いている。その影響は、別府、布由院の温泉地域へと及ぼしている。

 熊本城も、その近傍の阿蘇神社も、かなりの被害を受けている。熊本市地域は、阿蘇の噴火の火山岩の上に立っている。火山層は4層になっている。4回の大噴火で出来ていることになる。その上に火山灰層があり、火山灰層の基盤はそんなに強くは無いだろう。阿蘇山の噴火を刺激する事は容易に想像できる。活断層は、火口付近までは、至っていない、と言うのだが?熊本で過去に地震は起きていた古文書は残っているようだ。

 災害に合われた方々に哀悼の意を申し上げる。今日の夜からの雨と、余震に耐え忍ぶしか方法は無い。大雨にならなければいいのだが。

 熊本、阿蘇、と言えば、漱石の「草枕」を思い出す。そこには長閑で、優雅な青春の物語が展開された美しい地域だったのだが。

<読書>

「漱石と言う生き方」秋山豊 トランスビュー社

漱石を理解するには、漱石により添うよう姿勢が良いだろう。多くの論評は、こおだ、ああだ、の批評的な解釈が多い。漱石は、自ら、「牛」と言っている。「馬」は喧嘩腰になるが、「牛」は鈍重だ、「何か考えている」ように見える。そこが好きだ。

|

« 驚きのニュース2件 | トップページ | 驟り雨(はしり雨) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/63495020

この記事へのトラックバック一覧です: 地震・雷・火事・親父:

« 驚きのニュース2件 | トップページ | 驟り雨(はしり雨) »