« 春雨の一日 | トップページ | 五月晴れ? »

2016年4月30日 (土)

つるバラに酔う

 強風が収まり、朝から雲一つない晴天だ。西の空には、半月の月が青さに染まっている。ツツジの花が至る所で咲き誇っている。ボケ爺の単純な頭で考えても、花の色彩の不思議さは解けない。色んな種類の色は不思議だ。

人が見える可視光に、神の悪戯の問題があるのか?一本に咲く花は、大輪の一輪ごとに媚びる花、群衆で美しさを見せる術、と多事彩々である。

 森のテラスの坂道の、登り口の家は、夕刻5時頃通ると、何時もピアノの稽古の音が聞こえる。その垣根に咲く、つるバラの八重の黄色は、やや薄い黄色が、今が満開である。2年ほど前は、電柱にしがみ付き、驚くほどの大木だった。剪定されて小振りとなったが、帰って可愛らしさが増した。

 そのつるバラの中から「ジ、ジッジ」と小鳥の鳴き声が聞こえる。顔を近づけると、2羽のメジロが、目の周りの白を一層引き立ててボケ爺の顔を攻撃するように飛び出してきた。何やら秘め事の邪魔をして、悪いことをしてしまった気分に、恥ずかしさが混ざって変な気持ちになった。つつがない4月の最終日だった。

<読書>

「日本人にとって美しさとは何か」高階秀爾 筑摩書房

日本人と西洋人との美の感覚の違いの比較論である。日本人は言葉に美を感じる、絵文字遊びをする。絵画の表現に日本人は、切り捨てに美を感じる。余白に美を意識する。西洋は「実態に美」を、日本人は「状況に美」を感じる。等。なるほど。

|

« 春雨の一日 | トップページ | 五月晴れ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/63559227

この記事へのトラックバック一覧です: つるバラに酔う:

« 春雨の一日 | トップページ | 五月晴れ? »