« 色あせるアベノミクス | トップページ | 心の曇る日 »

2016年3月30日 (水)

1万7千人のリストラの軽さ

 東芝の再生計画の概要が発表された。が、何故、それで復興できるかは、誰もが疑問になる、売るに売れない事業だけが残った感がする。

 東芝の不正会計は、役員、幹部のやった事。真面目な社員ではない、不景気の中、首を切られるのは何時も弱い社員。しかも高齢者から。東芝も、シャープと同様、理不尽な企業だ。

 東芝の場合、幹部26人の懲戒、役員3人の退任、元3社長30億円の罰金、自己資本金1/10以下にしてしまった。その責任がこんなに軽いのか?

もっと醜いことがある。相談役の職を、名誉顧問入して、西室氏も岡村氏も、温存する、と言う。他の顧問16人も温存。計18名もの顧問に、報酬を払いながら、社員のリストラで、人としての筋が通るのだろうか?社員は斯くも軽い存在か?

更に、未だに、18人の顧問は自ら、「リストラされる社員に悪い」、「不正会計の一端の責任を感じる」から、辞任する、と言い出す人は居ない、と言う。西室氏は長期入院で、会社にも出ていない。さすがに郵政の会長は、首になった。が、東芝は、未だに、入院の面倒を見ながら報酬も払っている。

更には、社友会なる訳の分からないOB会があり、何かに口出ししているらしい。こんな会社から再生、復活が出来るのだろうか?疑問が残る。人間味のある会社に生き返って欲しい。

|

« 色あせるアベノミクス | トップページ | 心の曇る日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/63416291

この記事へのトラックバック一覧です: 1万7千人のリストラの軽さ:

« 色あせるアベノミクス | トップページ | 心の曇る日 »