« 朝が来た | トップページ | 1万7千人のリストラの軽さ »

2016年3月27日 (日)

色あせるアベノミクス

ブルームバーグ・ニュースが実施したエコノミスト調査でこんな評価が出た。「一進一退を続ける日本経済の再生にアベノミクスはあまり大きな成果を上げていない」。

エコノミスト23人を対象に3月4日まで実施した。それによると、アベノミクスの総合評価は10点満点で4.6点となった。アベノミクスは、マイナス成長を記録、実質国内総生産(GDP)は一進一退を繰り返している。

ブルーバーグ(Bloomberg)とは、アメリカの大手総合情報サービス会社である。時に経済金融面のニュースには定評(好評)がある。世界の多くの経済・金融は活用している。

持続的成長のためには「構造改革」が必要というのが多くのエコノミストの見方で、安倍政権がこれを実行できるか?安倍首相の任期は2018年まで。すでに道半ばを過ぎ、労働市場改革や指導的役割に就く女性の増加など、大胆な改革の実現に残された時間は少ない。

TOPIXは今年に入って売り越した。2013年に海外投資家が15兆円を日本の株式市場につぎ込んでいたらしい。

日本経済新聞とテレビ東京が2月26から28日まで実施した世論調査でも、アベノミクスを「評価しない」が50%と初めて5割を超え、「評価する」は31%にとどまった。

海外から著名な経済学者を招待して、増税の是非につき意見を聞いている。多くは、増税は日本経済の失速につながる、と説く。アベノミクスの成果が出ていないことが大きな要因だ、と。

<読書>

「虎の尾」今野敏 徳間書店

警察モノは、面白い。が、新作の改革はできず、アベノミクスと同じで、いささか、がっかりした。

|

« 朝が来た | トップページ | 1万7千人のリストラの軽さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/63404402

この記事へのトラックバック一覧です: 色あせるアベノミクス:

« 朝が来た | トップページ | 1万7千人のリストラの軽さ »