« 暴力団より恐ろしい人 | トップページ | グーグルの人工知能(AI) »

2016年3月11日 (金)

悲しき出来事

 3/11/2011の、245分に、研究発表を中断して黙とう。東日本大震災から5年がたった日である。各放送局の特集は、復興は大幅に遅れている事実の避難の報道を少なく、全般には前向きの復興の報道が多い。何故か?政府は、金を出したから、遅れは地方自治体の責任と言う。これは「無責任」な発言だ。

 とりわけ、福島原発の廃炉作業の遅れと見通しには、政府は曖昧にして、東電に押し付けている。30年の廃炉などトンデモナイ、100年はかかる、と思う。帰還困難区域と、その近傍の曖昧な除染作業。帰宅できそうで出来ない状態が続く。23年で帰還が出来そう、の希望を持たせた「無責任」な発言。今も続く。政府の責任では無いのか?

 最近の解析では、核燃料棒は早くからメルトダウンして最悪の状態だ。スリーマイル原発事故、チェリノブイ原発事故、よりも事態は深刻だ、と解析。ここまでに至った原因はまだ解明されていない。それでも安全規制は、厳しい規定を作ったから、これに合格すれば稼働できる、と。論理が通じない。

帰還困難地域を政府が買い取って、汚染物質の集中埋蔵地域に指定して、原発の廃炉の地域を広くして、地中に埋め込むことを、本気になって検討してほしい。棟土壁などの中途半端では済まない。各部署が首を付き合わせて、集中して喧々諤々の議論がなされている姿は無い。これを「無責任」政府、と言う。

もう一つの最近の事件、広島県府中町立府中緑ケ丘中3年の男子生徒(当時15歳)が誤った万引き記録に基づく進路指導を受けた後に自殺した問題について、学校側がまとめた報告書が10日、開示された。中身は一方的で、身勝手で、責任逃れの報告だ。教師の責任とは、個人の人格を確立するために教育する責任、教師は、生徒を回生に導く責任、などがあるはずだ。君子であれ、とは言っていない。せめて、親身に話を聞ける教師になって欲しい。今回の様に、廊下で、の立ち話で済ませられることではない。教師の「無責任」時代である。日本国民総無責任時代でもある。

|

« 暴力団より恐ろしい人 | トップページ | グーグルの人工知能(AI) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/63330858

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しき出来事:

« 暴力団より恐ろしい人 | トップページ | グーグルの人工知能(AI) »