« 紅梅が咲いて? | トップページ | 消閑の具を求めて »

2016年1月16日 (土)

一億総無思考化

 一億僧無思考化とは、誰かが、随分昔に言っていた。基本は、一億総無責任が基本となる。無責任と、無思考、とは違う。不祥事は、考えずに行う。不正は、考えた上で確信犯として行っている。

 たまたま、9時からの国会議論を聞いた時に、驚いた。野党は、核心を突いた質問をしていない。一方、政府(安倍首相)の答弁は、全く的を射ない。それは、「やれば良くなる」、とアジテート。何故世は良くなる、の背景は言わない。すれ違っていても野党は追及できない。野党、与党、とも思考停止している。

 例えば、補正予算の、「低所得者への3万円が、バラマキだ、選挙の為だ」と、野党は攻める。安倍首相は、「適切だ」としか答えない。そもそも、補正予算は、何故必要か?の、基本の議論が無い。何を期待して3万円をばら撒くのか?「ばら撒けば何が良くなるのか」の議論をするのではないのか?

 安倍首相は、福島の「あんぽ柿」をもらって、「この甘さで、安保法制が通過した」、等、熟慮した発言ではない。

 安倍首相の過激な発言、独言は、太平洋戦争に入る昭和初めのような雰囲気だ、と思う。考えることをしなくなった人々を、アジテーター安倍首相は、憲法9条を改定して、日本を戦争国に導くことだろう。

|

« 紅梅が咲いて? | トップページ | 消閑の具を求めて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/63077020

この記事へのトラックバック一覧です: 一億総無思考化:

« 紅梅が咲いて? | トップページ | 消閑の具を求めて »