« 世界世相地殻変動の年? | トップページ | 目がカユイ »

2016年1月29日 (金)

再度問う、何故、シャープに国が支援

 本日の朝刊では、シャープは、産業革新機構が、3000億円をだして、シャープ再建に乗り出す、と決断した、となっている。本当か?

 何故、シャープを国は守るのか?経営破たんの理由は経営陣の責任である。何故に国税を使うのか?明確な説明が必要だ。鴻海(台湾)が6000億円出すと言っているのにかかわらず。

 新聞によれば、シャープの液晶技術は、日本技術(IGZO技術?)の「宝」である、と言う。しかし、アップルは、シャープのIGZO技術を採用しない。何故か?「ガラパゴス技術」だからだ。日本の好きな囲い込み技術。囲い込んだ結果、誰もが、その技術を嫌って、別のデファクトスタンダードが出来てくる。「IT業界はデファクが勝つ」。

 液晶パネルJDIと一緒になれば、日本では一社となり、独占法違反となる。それなら、まだ可愛い、が、競争力を急激に落とす。競争の無い所に技術の発展は無いからだ。また、製造設備が過剰となり、その処分に、さらなる追加資金が必要になり、日本の液晶産業は5年後には無くなる運命だ。

 IGZOをオープンにして、ELに採用されれば、それこそ、シャープは生き返る。

 更にシャープは、12年から15年までに、成長戦略の作成を怠っている。シャープは、未だに再生、成長事業分野の提案が出来ていない。3年間、何をしていたのだろう。これだけでも、潰れて良い価値を持っている、と思うが。

 再度問う、シャープは救う価値がありや?官庁指導の遊び事では、国民は困る。官僚は、過去の弱電産業強化プロジェクトと、半導体を始めとする産業界の再編が、ことごとく失敗した反省をして欲しい。

 液晶は今までの産業で、官は、未来の為に産業構造の変革をしなくていいのか?

|

« 世界世相地殻変動の年? | トップページ | 目がカユイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/63136757

この記事へのトラックバック一覧です: 再度問う、何故、シャープに国が支援:

« 世界世相地殻変動の年? | トップページ | 目がカユイ »