« 再度問う、何故、シャープに国が支援 | トップページ | 未来には夢を、Green500 »

2016年1月30日 (土)

目がカユイ

 1月の寒くなる前(20日ごろ)に、時々涙がこぼれる、水鼻が出る。風邪を引いた訳でもなく。室内と外との気温差だろう、と思っていたが、どうやら、その頃からスギの花粉が飛んでいたのだ。と言うのも、先週の中ごろ、花粉情報とかで、今年は2月初めから、だとかの報道があったから、思い出した。この現象は明らかに花粉症だ、と。

 毎年の事だが、老人は、何もかもボケる、か、鈍くなるはず、と思っていたから、この花粉症もボケてほしいのだが。益々、敏感になり、厄介な事だ。が、今年も、まだセンサーは元気だ、と安心して、生きを感じた。

 そう言えば、通勤電車の中は、シニアの女性と、老人が多くなった。シニアの女性の厚かましさには、閉口する。気に食わなければカバンで突っつく、カバンを盾に押し込んでくる。

一方、老人は、短気になり、小競り合いが絶えない。言い争いは、必ず老人からだ。

 ボケ爺も、当然に老人だ。高齢になってボケた(?)つもりだが、気分は青春から抜け出せない。何時までも困ったものだ、と思う。

 花粉症には、4月末までお付き合い願うことになる。あり難くない友達だが、ボケを知るセンサーでもある。何時までも仲良くしたい。

<読書>

「となりの漱石」山口謡司 ディスカバー選書

漱石研究に、タイミングよく解り易い解説書が出た。ビジネス脳に付いて参考になる事が多かった。筆で暮らしていくに、迷ったし、生活は苦しかったようだ。しかし漱石の発想は、イノオベーションに富んでいる。起業家でもあった漱石。やはり漱石。

|

« 再度問う、何故、シャープに国が支援 | トップページ | 未来には夢を、Green500 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/63142001

この記事へのトラックバック一覧です: 目がカユイ:

« 再度問う、何故、シャープに国が支援 | トップページ | 未来には夢を、Green500 »