« 5000億円の赤字 | トップページ | MRJは離陸できるのか? »

2015年12月23日 (水)

今年最後の珠海

 2か月ぶりだ。今年最後の珠海の企業へ訪問。意外に寒い。昼間で、20℃を下回る。来た時からくべれば、少し、昼間の温度は上昇している。それでも20℃だ。

 どんよりとした雲が地上近くまで押し寄せている。一見PM2.5か、と思わせる、が、違っている。街路樹には、黄色、ピンク、紫色、などの花が、冬でも咲いて、美しい。

 訪問企業の近くの、工事中のマンション(アパート)の一部は完成して、売り出しのキャンペーンをやっている。その隣では、その倍ほどのマンション棟がほぼ完成して来た。そう言えば、訪問企業の新設ビルも7階まで、工事が進んでいた。2か月前は基礎工事だけだったが。

 初日は、宿泊しているホテルの15階から、消防車が12台ほど景気の良いサイレンで、にぎわっていた。何故か、交通渋滞で、交差点が混乱して消防自動車が動けない、からだ。それにしても、毎回、交通混雑は激しくなる。

 この珠海は、住むには良い所だ、と、近年注目されているらしい。近郊の都市に勤める人も、珠海のマンションを求めに来るらしい。珠海だけを見れば、中国の経済成長の陰りは無い、と言うことだが?

 聞こえてくる大手の企業動向は、必ずしも良いニュースではない。減速が厳しく、襲い掛かっている。さて日本への影響、サービス業以外は厳しい事だろう。

 昨日(22日)は冬至である、中国も同じだ。中国の中間地方では、餃子で祝う、らしいが珠海では、日本で言う小豆の汁粉のようで、小さな餅と、黒ごま、を擂って、砂糖とませたお汁粉を食べてお祝いする、と言う。ご相伴にあずかったが美味しかった。

|

« 5000億円の赤字 | トップページ | MRJは離陸できるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/62925813

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最後の珠海:

« 5000億円の赤字 | トップページ | MRJは離陸できるのか? »