« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月31日 (木)

年末番外読書編

 2015年の師走に読んだ本の紹介が出来ていないので、紹介して置きたい。

「太陽は気を失う」乙川優三郎 文芸春秋

14編の短編集である。男女の人生物語である。乙川の現代物は珍しい。「人間の機微」や「女心」を描かすと、右に出るものは居ない。ボケ爺は、この14編のいずれの場面(カテゴリー)にも当てはならない。兎に角、人間の、それも男女の営みは、閃きが作用して、それほど多様で、不思議で、不可解だ、ということだ。

「今夜もひとり居酒屋」池内紀 中公新書

居酒屋に入りびたりになったのは「二合半」と言う居酒屋からだった、と。ボケ爺も居酒屋にはお世話になったが、安さ故だった。行きつけの居酒屋を見つけ、「一人孤独に」を憧れていた、が。思い出すのは、自由が丘の何でもないスナックで、有名な社長が隣に座り、オンザロックを片手に、篆刻の図案を黙々と書き上げ、静かに帰っていた。そんな姿に憧れたが。未だに出来ていない。凡人だ! 国立のガード下の山口瞳「居酒屋兆治」を読み返す。これこそ居酒屋の先祖。愉快!

「世の中は偶然に満ちている」赤瀬川原平 筑摩書房

昨年亡くなったエッセイストで、直木賞作家である。エッセイは、一味違う。「見る目」が違う。「美のセンス」が深い。「偶然の感性」。「気が緩い」。「頭が柔軟」。「愉快な知」。本箸書は、遺品の整理中、日記帳に書き込まれた「偶」又は「偶然」と記して、書き込まれた内容を整理。奥さん尚子さんの整理簿でもある。誰もが真似のできない「セレンディピティ」の禍福に溢れている。

「東京が破滅する日」広瀬隆 ダイヤモンド社

ダイヤモンド社が、この内容の出版を許したものだ。福島原発の欺瞞を暴露しているからである。この本の福島原発の災害のデータが正しいなら、アメリカのネバダでの地下核実験のデータの16倍、チェルノブイ原発事故の2割増し以上の放射能量となる。データから東日本は、癌での死亡率が、76倍、奇形児の生まれる割合は、チェルノブイの2割増し。なるほど破滅する。正確なデータを隠蔽する御用学者が、幅を利かせている。正確なデータは?困った日本である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月30日 (水)

2015年を記憶

政治篇

 安保法制を成立させた安倍内閣の専制政治に、日本の禍根を残す。世界は益々混迷を続ける時、アメリカに守られないと生きていけない日本が哀れである。

 集団自衛権行使も、混迷の中、アメリカに加担して、自衛隊も出動する機会は増えるだろう。これでは、日本はアメリカの属国になり下がったとの評価を受ける。

 安倍首相の、議会制民主主義の抜け道の「策士の支配」で、国民は可哀想だ。

 世界経済の低迷が進む。その中、政治に中心が移る。安倍首相の軍国政治で、深刻な犠牲者にならない様、国民は目覚めないといけない年となった。

経済篇

 どう見ても、アメリカ金満資本主義(マネタリアン)の独り勝ちが進行する基礎が出来あがった。それは、金融緩和の利上げで出口が示され、原油輸出が認められたからである。日本はグローバルをはき違えている。アメリカ資本主義に服従する事ではない。グローバルとは、世界の経済の特有性を、共存共栄できる「多様性を認める社会」の事を言う。安倍首相の経済政策の失敗で、経済の混沌は制御不能となっている。誰が日本を守るのか?

社会(現代)篇

 現代とは何か?歴史的認識の歴史的緒パラメータの相互関係に、歴史的諸形態の「競合」「対決」「抗争」「侵略」などが、地球規模で、同時に起きる。つまり現在を思惟や、認識する方法のパラメータを見失っている。地球規模の政治、経済、文化は、同時に起きる混沌や、無秩序によって、すぐにわが身にはね帰って来る。

 「競合、対抗、抗争」は「多様性的現象」である。その多様性が瞬間に地球規模に浸透するのが、「現代」ということになる。ISのテロもその一つだ。民族、格差の不安定性も然りである。混沌、無秩序は益々深化する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月29日 (火)

ボケ爺の仕事納め

 2015年のボケ爺の仕事納めである。

私事;

1) N社で技術家として、16年間の開発テーマの自伝(開発史)を業界紙に頼まれ、2年ほど掲載して、今年、12月で完結したこと。

2) 中国の企業のコンサルティングが、順調だったこと

3) 新たに、この11月から、マレーシア企業のコンサルティングをすることとなり、新たな異民族、異文化との交流で、セレンディピティに遭遇出来る事。

4) CNTの応用技術で、学会発表。しかし、漆、和紙関連の技術開発は手が付かず。持ち越しとなった。

世界での出来事;

社会の「悪の露呈」事件が多かった年。更に、「混沌な社会」へと突き進む。

1) 安倍首相の「安保法制」の強行採決実行で、日本は軍国主義が復活。

2) 安倍首相の経済成長政策の失敗。「反省をしない日本人」の人格の露呈。

3) 大企業、組織での不正の恒常化。日本人の組織での「無責任体質」の露呈。

4) 異常天候による大型自然災害の増加。経済成長主義の弊害と混沌。

5) イスラム国(IS)の無差別テロの増大で、民族、格差の闘争は益々混沌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月28日 (月)

世界20位の日本GNP

 先ほど発表された国民一人当たりGNPが、日本は20位に下がった、と。シンガポール、香港に、抜かれて、戦後最低となった。

 総生産額GNPは、3位を保っているが。国力を測るに、総生産額が意味を持つのだが、国民の幸せは、一人当たりのGNPで測られるだろう。順位を競っても仕方がないのだが、この数字は大いなる課題を突き付けている。

 日本は、総生産額に比べて、人口が多すぎる?言い換えると、人の数に比べて生産額が低い。生産効率が悪い。或は、大企業ののみの売上、富裕層の消費、と、下層クラスとの格差が広がっている。事の表れだろう、アメリカがそうである。益々、住みづらい社会へと向かっている。

 総生産額GNPの成長率は伸びない日本は、順位を気にすることなく、経済成長にあくせくすることなく、独自の文化の育成に力を入れて、国民が満足する社会、人々が幸せを感じる社会、を作るべきだとの警告にも受け止められる。

 安倍首相の第一段の三本の矢も失速、第二段は、実行不可能な絵空事となっている。ことは明確である。アメリカ的グローバルになどに惑わされないようにしように。

<読書>

「アートは資本主義の行方を予言する」山本豊津 PHP研究所

=画商が語る戦後70年の美術潮流=との副題。東京画廊の経営者の著書である。「絵画」程、不思議な商材は無い。価格の化け幅が最も大きな商品だ、と断言する。同じ、陶芸や、彫刻にしても、化ける金額は、キャンパスの「画」程ではない。その価格は、資本主義の、つまり経済の成長以上の動きを為す。商材も時代と共に価値が変化してゆく。金権資本主義が創り出す化け物であるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月26日 (土)

MRJは離陸できるのか?

 初飛行から、2か月も経たない内に、納入時期を1年先延ばして2018年半ば、と、「納入延期」発表された。その理由が、主翼の強度不足、ソフト面のやり直し、らしい。

 このブログで、ボケ爺は、外環上からのコメントを記載した。「古い設計の主翼」、と、その「胴体との接合の不釣り合い」、を指摘した。主翼そのものの強度不足なら、1年程度の納期の遅れで、済むかもしれないが?胴体との関係の強度不足なら、納期の遅れでは済まされない。国産初のMRJは、失敗に終わる。一番難しい設計で、その評価に莫大なお金がかかるからだ。

 また致命的な事は、「操縦系統のソフトウェアのやり直し」、と言う。ソフトウェアの障害(バグ)取りは、時間がかかる。一年の遅れでは済まないだろう。デジタル化が一段と進めているから、なお厄介だ。ソフトウェアの認証試験は時間がかかるからだ。

 残念なことだけれど、「システム学の力不足」である。カリスマ技術家がいなかったからだ。三菱飛行機の幹部も、自ら判断力の不足を指摘している。大企業の、ここにも、組織力不足の弊害が出てしまった。年功序列、無責任組織体質など、戦後日本の最も弱い所が露呈してしまっている。

<読書>

「第三の敗戦」堺屋太一 講談社

日本の今の弱さ、について、この本の中に、散りばめられている。直接、書かれている訳では無いが。大企業の不正化の常習化、意思決定の弱さ、や不当性、アジテートな社会傾向、等、残念な日本社会となってきてしまっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月23日 (水)

今年最後の珠海

 2か月ぶりだ。今年最後の珠海の企業へ訪問。意外に寒い。昼間で、20℃を下回る。来た時からくべれば、少し、昼間の温度は上昇している。それでも20℃だ。

 どんよりとした雲が地上近くまで押し寄せている。一見PM2.5か、と思わせる、が、違っている。街路樹には、黄色、ピンク、紫色、などの花が、冬でも咲いて、美しい。

 訪問企業の近くの、工事中のマンション(アパート)の一部は完成して、売り出しのキャンペーンをやっている。その隣では、その倍ほどのマンション棟がほぼ完成して来た。そう言えば、訪問企業の新設ビルも7階まで、工事が進んでいた。2か月前は基礎工事だけだったが。

 初日は、宿泊しているホテルの15階から、消防車が12台ほど景気の良いサイレンで、にぎわっていた。何故か、交通渋滞で、交差点が混乱して消防自動車が動けない、からだ。それにしても、毎回、交通混雑は激しくなる。

 この珠海は、住むには良い所だ、と、近年注目されているらしい。近郊の都市に勤める人も、珠海のマンションを求めに来るらしい。珠海だけを見れば、中国の経済成長の陰りは無い、と言うことだが?

 聞こえてくる大手の企業動向は、必ずしも良いニュースではない。減速が厳しく、襲い掛かっている。さて日本への影響、サービス業以外は厳しい事だろう。

 昨日(22日)は冬至である、中国も同じだ。中国の中間地方では、餃子で祝う、らしいが珠海では、日本で言う小豆の汁粉のようで、小さな餅と、黒ごま、を擂って、砂糖とませたお汁粉を食べてお祝いする、と言う。ご相伴にあずかったが美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月20日 (日)

5000億円の赤字

 東芝は、不正会計時の黒字から、一転して、5000億円の赤字になるようだ。上期で、約900億円の営業赤字であったが。2015年度(20163月期)で、白物家電、パソコン、等のリストラ費用の積み上げ計上が、理由とする。

 一方、半導体の売上も、低価格競争に巻き込まれ、2000億円以上の赤字にもなる、と言う。円安傾向にありながら。シャープと同様に、今日、明日の商品の整理が、10年以上前に、技術競争力と、新規事業の発掘などを洞察して、整理を始めて居なければならなかったのだ。

 クリステンセンの言う「イノベーションのジレンマ」の「ジレンマのツボ」に落ちてしまったのだ。その悪の根源は、東芝もシャープも同じだが、「トップ人事の権利へのしがみ付き」が、最大の悪である。

東芝では、三代前までは、排他出来たが、この体質の基本を作った「西室正志相談役」の未だに、東芝本社タワーに、個室があり、闊歩している事から始まり、その後の社長を務めた「岡村正」氏も相談役で、未だに闊歩。他に、顧問(2人の特別顧問、2人の常任顧問、に14名の顧問)だけで、年寄り18人を囲っている、と言う。相談役や、顧問たちは、自ら責任を感じて辞める人は居ない。誰が鈴をつけるのか?これでは、膿で、まだまだ疼く。

西室氏に至っては、杖を突きながら「日本郵政社長」にも、しがみ付き、明日の日本のあるべき姿に精力を費やせるのだろうか?これでは日本は世界で存在感のある国になれるわけがない。産業界は衰退のプロセスに。

<読書>

「市場は物理法則で動く」マーク・ブキャナン 白揚社

科学の法則と同じように、科学の問題解決手法を使って、経済も規則性の法則を見つける努力をすべきである、と。但し、複雑性には、注意が必要で、条件(前提)、パラメーターなど注意が必要だ。ボケ爺にとっては、面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月18日 (金)

不正の時代

 日本人は、真面目で、勤勉で、親切で、等の「ほめ言葉」で、修飾されてきた。昔から、コソ泥棒の個人か、個人の集合体であったように思える。鬼平犯科帳のような。

 その次が、官民、公務員などの贈収賄、である。田中角栄のロッキード事件をピークとして、近年、その額は小さくなってきている。変わらないのが、政治資金不祥事である。表向きは少なくなっている様だが、猪瀬元都知事でも堂々とやっていた。

 企業の不正事件は、益々大型になっている。組織人(共同体)として日本人は、特に、この点に弱い。「年功序列組織運営に、弱い」のか?日本人の「人格に、欠陥」があるのか?

 2015年は、特に、大手企業の不正が目立った。ひな壇で幹部の謝る姿は醜い。土建業の不正は慢性化している。旭化成のマンション建設までに至っている。高架橋(河川の橋)の地震による落盤工事においてまで部品の「製作不正」。化血研の薬剤製造不正に至っては、腐りきっている。東芝の「会計不正」の膿は、まだまだ出きっていない。

 「隠蔽」も一種の不正事件だが、特に、教育の場、警察署内、等、公人に多い。学校経営での不正受給が公然と行われている。組織ぐるみだから始末が悪い。振り込み詐欺以上にあっけらかん、である。

 日本人の人格形成は、今後どうすれば良いのだろうか?組織における無責任性は、世界の中でも際立っている。堺屋太一の「第三の敗戦」で済む話ではない。

<読書>

「検証」今野敏 双葉社

一連の盗難事件に、殺人が絡んだ。萩尾は、長年の盗難の心理から、殺人と盗難は、別件であるとにらんだが、殺人犯専門部署から反発を食らう。ソンナ組織の壁を崩す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月15日 (火)

オッ、三日月が

 打ち合わせが早く終わったので、京王線仙川駅から近い「仙川湯けむりの里」の温泉に出かけた。

 ボケ爺のぎっくり腰がなかなか治らない。家にもジャグジーの設備はあるのだが勢いが無く、腰をもむ力は無い。我が家からは15分程度で行ける。かなり強いジャグジーで、腰をもんでもらった。更に、サウナも繰り返し。1時間半ほどの時間を過ごした。大汗を流し、すっかり湯に酔ってしまった。温泉は良いものだ。明日も?

 しかし、腰痛は治らない。普段の行いが悪かったのだろう。西空を眺めると、三日月が、クッキリと。いつの間にか雲が取れていた。何とか流星群がピークだということで、360度、探してみたが、流れ星は見当たらなかった。残念。

<読書>

「縁結び仕り候」辻井南青記 新潮社

江戸時代に、この職制があったのか?「縁結び奉行」なる物が?出生率低下を愁い、結婚促進の為の縁結び専門情報組織だそうだ。町の喜怒哀楽が上手く表現されている。今日の出生率の向上に役所が熱を入れる事があってもいいのかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月12日 (土)

束の間の小春日和

 ぎっくり腰の治療の為に、つかの間の小春日和を、先ずは、実篤公園を散歩。昨日の暴風で、7、8本はあるヤマモミジの落ち葉の絨毯を踏み固めて進む。紅葉の残るヤマモミジの下のベンチには木漏れ日までも黄色く染まっている。南天の真っ赤な実を、可愛げの欠ける椋鳥が啄ばんでいる光景に、静かに、静かに近づくが。

 武蔵野の面影がある国分崖線の二本のケヤキの木がそびえている。殆ど、落ち葉となってしまっている枝の合間から富士山が見える。

 神代高校の校庭には、イチョウの木で囲まれている。が、紅葉は遅れ、まだ緑が残っている。近くの桐朋学園の校庭のイチョウも同じだ。国分寺崖線の上に立つ両校は、東京でも海抜の高い所に在るからだろうか。東を見れば、東京都庁が下に見える。西を見れば、八王子の平野が下に見える。

 チョットの散歩で汗が出る。ぎっくり腰のボケ爺には助かる。

<読書>

STORY OF UJI」林真理子 小学館

「小説源氏物語」のサブタイトルあり。と言っても光源氏の活躍した時代ではなく、その後の、「宇治十帖」である。基本は、貴公子2人が、浮舟をめぐっての三角関係の妙味。情熱、欺瞞、快楽、代償、煉獄の炎に焼かれる女性(浮舟)の取った手段は?この時代は、色、色の織りなす社会。読んでのお楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月11日 (金)

シャープが可愛いか?

 どう見ても、日本国的発想で、官はシャープが可愛いらしい。企業は生き残りが出来なければ死ぬ、が原則だ。国は、液晶技術を持ったシャープの過去に、未練を残している。半官半民の「革新機構」が、助け舟を出そうとしている。不思議な判官贔屓の不思議な国民性だ。

 革新機構は、JDIを作り、液晶パネルの生き残りを掛けたが、必ずしもうまく行っていない。官指導の半導体事業編成の時と同じで、「甘やかし」、デアル。これでは日本企業は強くならない。自らの再生で企業は強くなる。

 シャープは大型液晶では、既に完敗だ。スマホ関連の小型パネルで、優位性が多少は認められる。ホンダDNAをゼロから学ぶべきだ。

 が、アップルは、液晶から、OELの時代へとかじを切った。ELに切り替わるまでに、5年もかかるとしても、たかが、5年の命である。コモディティー製品の液晶(LED)の減少市場で、死に至ることは明白だ。

 シャープは、国が何とかしてくれる甘えではなく、速く売り飛ばすことだ。その資金を使って新事業を立ち上げるべきである。

 シャープの家電も命は無い。東芝と一緒になっても、更に新商品の発想は減衰する。組織の摩擦に神経が摩耗する。日本の官庁を初めとして、大企業病はウイルスに侵されている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月 9日 (水)

ビックリぽんや

 昨日から、「ぎっくり腰」になった。満員の通勤電車で、吊り革につかまり、踏ん張ったのがいけなかった。踏ん張るのが「男の本懐」と教えられて育ったボケ爺は、吊り革につかまらず、のらりくらりの若者に合うと、怒鳴り付けたくなる。今迄そこを我慢して来たのだが。

 ぎっくり腰は、50歳前、55歳近辺で、起こしたことがあったが、それ以降、少々無理をしても、ぎっくり腰にはならないので、ボケ爺も若返った、と悦に入っていたのだが。あの程度の事でぎっくり腰やナンテ、「ビックリぽん」、でっせ。

 今日の朝、西が妙に明るい。朝日が昇って来た。ボケ爺の西方は300坪ほどある税務署の差し押さえの空地である。昨日、枯れ草を刈り取ってくれたらしい。明るさの原因は、霜で一面覆われての朝日の反射光だった。霜の季節なのだ。この様変わりにも、ビックリぽんや。

<読書>

「ホンダジェット」前間孝則 新潮社

=開発リーダが語る30年の軌跡=の副題だ。恩師、佐貫亦男先生も登場する。MRJよりも、はるかに、ホンダ独自の技術が組み込まれている。本田宗一郎の言う、「真似はするな」「基礎技術をしっかりやれ」が、ひしひしと伝わる。後継機はもっと奇抜なデザインを期待する。エンジンまでホンダ独自で開発、それを、GEへ、販売権を売り渡すと言う発想は、ホンダならではの「世界での成功定理」の発想だ。それとは逆(外部の開発エンジンを自社に取り込む)のMRJ発想は、半導体産業と同じ、「日本的なキャブチブの発想」の怪しさに、未来を危惧する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 6日 (日)

我が家にも紅葉

 我が家にも、やっとヤマモミジの紅葉が始まった。朝日に照らされて、恥じらいの染まり方である。我が家の庭は、常緑樹が多く、広葉樹の中で、紅葉の美しさでは、ヤマモミジ位である。次がブドウの葉である。ブドウの葉は、大きくて黄色に変色する。

 朝の散歩で、京王線の近くの空き地に、イチョウの木の畑に出会う。植え方は、銀杏目当ての植え方で、背丈は伸びない。残念ながら銀杏は付けていない。だが、黄色の紅葉は、太陽の光に乱反射して、誠に美しく、眩い。

ボケ爺は、繰り返すが、黄色が大好きだ。精神的に病んでいるからかもしれないが。

 都内で、イチョウの紅葉の美しい場所の紹介で、ウッカリ忘れていたところがある。それは、東京工業大学の大岡山キャンバスの東通りである。先週の暮れ、面談があり訪問。忘れていたことに気が付いた。勿論、銀杏は沢山落ちている。近所の方々が拾っていた。

 実篤公園の、ヤマモミジの紅葉も我が家と似たりよったりである。後一週間ほどで見ごろになるだろう。

<読書>

「恋歌」朝井まかて 講談社文庫

幕末から明治にかけぬけた歌人を描いているらしい。ノンフィクションではなくフィクション化しているのだが。樋口一葉の師匠の、中島歌子であるらしい。商家で育ち、水戸の藩士、それも尊王攘夷の天狗党の獅子であった。逆族として投獄生活も経験する。恋をするに、短歌で表現しなければならない、と言うことなら、ボケ爺など、恋は出来ない。短歌(恋歌)の理解は難しい。直木賞受賞作である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 5日 (土)

人工知能の未来

「人工知能」ジェイムズ・バラット ダイヤモンド社を読む。

人工頭脳は、「人類最悪にして最後の発明である」、と断言する。人工頭脳の未来は、決して「アトム」の世界の人に寄り添う社会は形成しない。映画の「ターミネーター」のような世界となる、と予言する。

人工頭脳は、明るい未来を唱える学者、悲観論を展開する学者に大別されている。コンピュータウイルスのように、ソフトウエアは、暴走する。人工頭脳もそのソフトウエアで出来あがる。ウイルス感染すれば暴走する。人より何千倍もの知能を持った機械は、人では止められない。

その暴走の前に、人の知的作業を奪ってしまう。司法の場や、教育の場も。現在の知的作業の47%を奪うであろう、とのニュースは、今年の話題であった。

特に、金融現場では、人工知能のインフラが進んでしまうであろう。人の感情を持たない人工知能は、暴走する。現在の人の感情の抑制が効かない暴力(テロ)程度では済まない、と断定している。

研究開発の障害は、①開発費が続かない(経済性)、②軍事の抑制、位だが、いずれも抑制の種にはならない。

クイズ番組に勝利したIBMの「ワトソン君」は、開発者の誰もが全体を把握していないが、今では、特に金融業界から引っ張りだこだ。

ジャーナリスティックで、ロジカルだが優しい展開は理解が進む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 1日 (火)

いつの間にか師走

 いつの間にか師走に入った。2015年も残すところ1ヶ月。今年は早かったのか、遅く感じたのか、ボケ爺は鈍感になっている。いろんなことを模索したが、いずれも中途半端。情けない。この1ヶ月で、たっぷりと反省しよう、と。

 東京のイチョウの紅葉が、10日遅れで始まったと言う。しかし、ここ新宿は、その気配は、薄い。西新宿は、ケヤキと、イチョウの街である。いずれも、まだ緑が濃いい。高層ビル群で、日当たりが悪い? 温度が、他よりも高い? のか。

 東京のイチョウの紅葉の、最高の絶景ポイントは、神宮外苑である。何時見ても素晴らしい。ここのイチョウの銀杏は、どうなっているのか? 大阪の御堂筋の銀杏落としは、有名だが? 次が、ホテルニューオーオクラの新館近辺である。地下鉄神谷町の奥座敷であろう。ここは桜も見応えがある。

 田舎の裏庭のイチョウの大木を思い出す。お袋が、銀杏を拾って、天日干しにしていた。臭いの何の。しかし、正月の茶碗蒸しには、この銀杏と、自家製シイタケの厚肉が入っていて、美味しくもお袋に感謝した。懐かしいお袋の味であった。

<読書>

「日日平安」山本周五郎 角川春樹事務所

周五郎の短片は優れている。読者を引き込んで、その主人公にさせてしまう。日日平安とは、何事も無い事ではなく、毎日、小さな揉め頃があり、そのもめ事に一喜一憂している自分が平安なんだと、気が付くことらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »