« MRJは離陸できるのか? | トップページ | ボケ爺の仕事納め »

2015年12月28日 (月)

世界20位の日本GNP

 先ほど発表された国民一人当たりGNPが、日本は20位に下がった、と。シンガポール、香港に、抜かれて、戦後最低となった。

 総生産額GNPは、3位を保っているが。国力を測るに、総生産額が意味を持つのだが、国民の幸せは、一人当たりのGNPで測られるだろう。順位を競っても仕方がないのだが、この数字は大いなる課題を突き付けている。

 日本は、総生産額に比べて、人口が多すぎる?言い換えると、人の数に比べて生産額が低い。生産効率が悪い。或は、大企業ののみの売上、富裕層の消費、と、下層クラスとの格差が広がっている。事の表れだろう、アメリカがそうである。益々、住みづらい社会へと向かっている。

 総生産額GNPの成長率は伸びない日本は、順位を気にすることなく、経済成長にあくせくすることなく、独自の文化の育成に力を入れて、国民が満足する社会、人々が幸せを感じる社会、を作るべきだとの警告にも受け止められる。

 安倍首相の第一段の三本の矢も失速、第二段は、実行不可能な絵空事となっている。ことは明確である。アメリカ的グローバルになどに惑わされないようにしように。

<読書>

「アートは資本主義の行方を予言する」山本豊津 PHP研究所

=画商が語る戦後70年の美術潮流=との副題。東京画廊の経営者の著書である。「絵画」程、不思議な商材は無い。価格の化け幅が最も大きな商品だ、と断言する。同じ、陶芸や、彫刻にしても、化ける金額は、キャンパスの「画」程ではない。その価格は、資本主義の、つまり経済の成長以上の動きを為す。商材も時代と共に価値が変化してゆく。金権資本主義が創り出す化け物であるらしい。

|

« MRJは離陸できるのか? | トップページ | ボケ爺の仕事納め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/62953266

この記事へのトラックバック一覧です: 世界20位の日本GNP:

« MRJは離陸できるのか? | トップページ | ボケ爺の仕事納め »