« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月30日 (月)

一日読書三昧

 マラッカから自宅まで、約12時間で帰国、昼間のフライトで、そんなに、疲れは無かった。日曜日は十分な息抜きを試みるために、一日、読書三昧だ。

 意識して、平凡な日常を描いた作品の一端を知るために選択してみた。言える事は、平凡も結構なオブジェとなる。が、並の感性では描けない。又、美文でなければ、読者は飽きる。

「ひとり日和」青山七恵 河出書房新社

何でもない日常の中の世界、事件性もなし。退屈する日常の光景を、きめ細かく語る。

でいながら、飽きる事も無く読ませる。不思議な作品。芥川賞作品だ。

「須賀敦子の方へ」松山巌 新潮社

須賀敦子は、翻訳から仕事を始め、海外を拠点に、小説を始めた人である。誰もが言うことは、美しい、美文家である、と。小説なのか、エッセイなのか?実に平凡な風景なのだが、奥は深い。本作品の基本的な流れは、須賀敦子の人物像を実証する所になる。しかし、実に不思議な伝記集である。作品が生まれた背景や、育ち。特に、カトリック宗教から受けた哲学が、背後になるのでは、と、思われる。それにしても、ここまで魅了する伝記は無い。

「夕べの雲」庄野潤三 講談社文芸文庫

いやはやこれが家族小説だ、と思えるが。日常の家族の会話と、その周辺の風景と、平凡な出来事を、描き、読者を飽きさせる事無く綴ることに、違和感が無い。短編の集合ではあるが、結構、生き生きと繋がって行く。須賀敦子が、イタリア語に訳した理由が分かる気がする。この作者を含めて、須賀敦子、青山七恵、と続く。ボケ爺も描いてみたくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月28日 (土)

マレーシア空港にて

 一週間の研修が終わった。金曜日は、午後から、観光しようとの予定であったが、会議に出席するように言い渡され、次々と会議に出席していたら、8時になってしまった。結果は、マラッカ市内を見学することはなかった。

 会議はすべて、英語である。早口で、訛りのある発音には、90%は理解できない。商品に付いての保険金の会議では、まるで喧嘩である。これも全ても英語である。出席している人たちは、途中で遮り、アメリカ人顔負けの激高した議論をする。

 会社の社長を含むトップクラスが、歓送会を開いてくれた。8時半ごろから始まり、11時半まで続く。店が閉まることで、開放されたが、彼らは、まだ議論をするので、向かいのレストランに入って行った。会社の歴史とか、売り上げを増やす為には、とか、経費の削減とか、話は、熱を帯びていた。全員がすべて英語で話をしてくれる。社長は、現シーメンスの会長と、友達だ、といい、ラインのようなチャットで、交流しているメールを見せてくれた。社内もSNSで、チャットが許されているようだ。スマホは一瞬たりとも離せない。

 リタイア後の移民としての住みかには、マレーシアは良い所だ、と言う。年中暖かい。食物は安い、アパートも安い、何といっても市民権に必要な費用も安い、と言う。

 マレーシアの女性は、他民族でもあるが、短パン、ミニスカートの人は、ほとんど見かけない。サンダルが多い。

 マレーシア空港は新しい。より一層、人種のルツボである。シンガポールの影響を強く受けているように思える。便数ははるかに少ない。積乱雲の中を、さ~て帰国だ。70歳を過ぎてから、無謀な旅が始まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月25日 (水)

マラッカ -2

 昨日は夕刻、雷と雨に襲われたが、大した量ではなかった。今朝、少し早く目覚めたので、まだ薄暗かったが、散歩でもしようと、ホテルを出て、川沿いの道に出たとたんに、雨が降り始めて、徐々に強くなる。急いでホテルに帰った途端に、非情にも雨は止んでしまった。意地悪な天候である。

 ホテルの22階から眺めるマラッカ市内は、特別な風景ではない。やや遠くに、イオンのモールらしき建物がある。ボケ爺の目でははっきりとイオン、とは言い切れない。ピックアップに来てくれる会社の人に聞いてみたら、イオンである、と言う。それも2ヵ所あるらしい。マラッカの10万人都市で、2ヵ所とは?と思うが。

 自室からは見えないが、エレベーターホールから、反対を眺めると、海がそこまで迫っている。船も何艘か見えるが、いずれも大型船とは言えない。昔の中継地は、すっかりシンガポールに奪われている。その分、カニが年中とれるらしい。

 木々は青々しているが、意外に草花が少ない。木々の花も少ない。高温でも季節があるのか?住民があまり気にしないのか? この点では、珠海とは全く違う。高級ホテルだが、花を飾ることはない。朝食のバフェでも、果物はバナナと、スイカぐらいしか出ない。

 今日の昼食は、マレーシアラーメンをご馳走になった。代表的な牛肉ラーメンということで、日本円で150円だ、と言う。醤油味だが実に美味しかった。昼食は250円も出せば十分、ということだ。

 郊外に在る食堂は、窓が無い、戸が無い。開放されている。自然の風の恵みによる。だが実に心地よい。食べ物がおいしく思える。低空の雲が切れて、入道雲が張り出してきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月24日 (火)

マラッカにて-1

 マラッカで、在る企業の研修を受けている。多種民族の文化の中の企業で、企業もグローバルである。基本的にはマレーシア国内には、市場が無いからだ。これは韓国と同じ状況だ。

 朝食は、社内レストランがある。3交代の作業員の為らしい。オフィス作業の中では、女性が重要な仕事をこなしている。資料の作り方も早い。ただ、会議の時間など、すぐに変更になる。この点は困るが、作業の生産性の高さに、驚く。中国以上だ。日本はこの生産性に負けている。資料を作るより、口頭での説明が多すぎる。

 基本的にはフレックスタイムだ。昼休みはたっぷりと1時間半はある。外部に食べに行く。家に帰る人も多い、と聞く。午後は2時からの始まりで、早く帰社した人は昼寝をしている。これは珠海(中国)の企業と同じだ。気温が高いからそんな習慣が出来ているのだろうか?

 オフィスの個人の机は、欧米並みに広い。珠海の企業も個人スペースだが、その広さは、狭い。中国は製造業のオフィスは、何処も同じで狭い。日本の様な集団机は、日本特有かも知れない。

 この企業のほとんどの人が英語を話す。学校の英語の教育はどうなっているのか聞いてみたが、特別に学校では行われていないようだ。親しだい、ということらしい。学校の選択の幅は広いようだ。中国系、インド系、モスク系、その他、私立学校もある。課外教育も盛んであるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月23日 (月)

マレーシアにて

 マレーシアの企業の研修を受けるために、マレーシアに来ている。22日の夕刻に、クアラルンプール空港についた。上空から見る景色は、果物の木の林と、未開拓の森と、赤土がむき出しの工場用地が適当に散らばっている。

 日本国と表示されたジャンボが2台待機上に鎮座していた。30℃近い気温はやはり南国ということだ。研修を受けるオフィスは、マラッカ市に在る。日本ではマラッカ海峡で有名だ。ポルトガル、オランダ、イギリス、の順で侵略を受けている。(地元の人曰く、日本も侵略に来た、と言う)。マラッカ市は、世界遺産に指定されている古い町であると思っていたが、結構近代的なビルも建っている。いたるところで、新しい街づくりの工事が行われている。世界遺産を守りながらの近代化は結構厳しいものがあるのでは同情する。ホンダの工場も近くに在る。

 オフィスの近所には、半導体工場も見受けられる工業地帯だ。マレーシアは、今までにない不思議な民族の国だ。シンガポールに近いのかもしれないが、それ以上だ。先ずは、フランクで明るい。英語を話せる人が多い。多国籍民族(マレー系、中国系、インド系、)で、イスラム教の影響もうけている。

<読書>

「人質」佐々木讓 角川春樹事務所 

冤罪の誤りを要求するために、ミニコンサートを占拠して人質を盾に、要求を続けている。その間に、その犯人の一人が、3億円の金を奪おうとする、並行して進行する事件を解決する。比較的シンプルなサスペンスだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月22日 (日)

借景が消えた

 ボケ爺の家の西側は、今は、税務署差し押さえの300坪程の空き地、その奥と、その南は、大木、灌木、竹林の荒れ地であった。我が家に庭の無い風景を補うかのような、その風景に、四季折々の変化を楽しましてくれた。小鳥にもにぎやかな隠れ家になっていた。

 そこが、3日ほどで、無くなってしまった。クレーンが来て、ブルドーザー来て、電動のこぎり、が泣き叫び、あっという間に、借景は消えてしまった。すでに宅地の建設が始まっていた。何軒できるのだろう。それにしても殺風景だ。来春は、ウグイスが、メジロまでも、やって来てくれないだろう。残念なことだ。

 借景の中ではないのだが、その持ち主の家には、幹が1mもあろうか?高さ30mは超えていたか?と言うケヤキの木が3本あったが、クレーン車2台、電動のこぎり3台で、一日で、切り倒されてしまった。武蔵野の面影は、武者小路実篤公園だけになってしまった。老人には寂しい時代になって行く。

<読書>

「文明の衝突と21世紀の日本」サミュエル・ハンチントン 集英社新書

これから衝突が起こるとすれば、国対国の構図では無く、人種、と言うか、人種が生む文明の戦いとなろう、と。多文化の時代には、文化でぶつかる。文化は宗教をベースとなっている。その中で、抑圧で苦しめられていたイスラム教を中心とした文明の動向に注目しなければならない、との警告である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月21日 (土)

初飛行MRJ

 待ちに待ったMRJの初飛行である。結果は4年程度の開発遅れとなってしまった。これからの飛行実績に、遅れが無く順調に、型式認定作業が進む事を祈る。4年の遅れの間に、このクラスの競業相手(ブラジル、カナダ、中国)も準備をしてきている。手ごわい競争となろう。

 ボケ爺は、航空機工学を専攻したので、飛行機には大変に興味がある。国産飛行機は、日本の産業に貢献できると期待する。

MRJを外観から分析してみたい。先ず機体のスタイルから言えば、特徴は無い。異常に翼の付け根(胴体接続部)が膨らんでいる。設計見直しの残骸のように思えるが?空力的にも、重量低減にも垢抜けしていない。 燃費が売り物と言うが、MRJはエンジンに頼っている。すぐに、他社に追いつかれる部分だ。

残念なのは、翼の仕上げである。翼は撓ら(柔らかく)なければならない。が、何と、ガチガチの硬い翼になってしまっている。話によれば、全てアルミに入なっているとか?B787の最新機と比べて、日本得意の、お家芸の炭素繊維を使っていないらしい。これでは、乗り心地は悪い。本来は2年前に飛んでいたのだから、と諦めるのか?

何事においても、商品の開発の遅れは、致命的になる。さて、MRJの型式が認定されて、飛ぶころ(2年先)の競業相手はどんな機体を開発しているのであろうか?

飛行機産業のもう一つ重要な競争力は、サービスの善さである。さて、三菱はこれから作る。その中で、エンジンをインハウスで組み立てる、と言う馬鹿げたことを考えている。半導体産業衰退の原因の「キャブティブの罠」にはまってしまう。最も重要なサービス部門だ。アウトソーシングすべきであったはずだ。ここにも、日本のガラバゴスがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月19日 (木)

パリテロ11.13

 パリテロは、今は、フランスが標的で、かなり根が深い。それにしても、次のターゲットが、世界のビジネス中心値のパリ郊外のビジネス街だった、とは。クワバラ、クワバラ!!!

 ボケ爺、このビジネス街には、何度も訪れた。理由は、販売会社があったからで、フランスの顧客を見つけるために、反射を拠点としたのだ。歴史の痕跡を残すパリ中心地と比べて、ビジネス街はモダーンな街である。ビルディング一つ、一つが、形と言い、色と言い芸術であり、日本のような画一な四角いビルは無い。ここにもファッション(芸術文化)のフランスの意気を感じたものだ。

 そんな街を壊されたのでは、幾らISに言い分があっても、言語道断だ。大衆を巻き込むテロは許されない。その分、慎重な発言が必要だ。ISは日本もターゲットにしている、からだ。

 それにしてもフランスは、テロ対策の捜査が行き届いているようだ。日本はそんな警戒、調査は出来ているのだろうか?

<読書>

「プロフェッション」今野敏 講談社

ST班=科学特捜班の活躍のサスペンスである。STメンバーは、警察ではないのだ。心理学、化学の知識、ITの知識等のチームで活躍するようだ。 ここでは、PTSDを患った人の行動、犯罪者は、意外にサイコパスの異質の人格が危ない。小説と言うより、科学特捜の活動の入門書のようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月15日 (日)

11.13.2015のパリテロ

 夕方、雨が上がって、三日月が西の空に輝いている。パリでみえた13日金曜日の夜も、三日月が輝いていたのだろうか?

まさに、不吉な13日金曜日の夜であった。パリの繁華街で同時テロが発生した。レストランで4か所(すし屋も含む)、サッカー競技中、劇場でコンサート中である。129人の死亡の犠牲となった。

IS(イスラエル国)が、犯行声明を発表したのだが、今一、信ぴょう性が無い。声明が遅い、内容が、記事の拾い読みである。どう見ても、IS本部が指揮したわけではないのだろう。フランス支部の単独行動では?とすると、アルカイダ―系も含まれているかもしれない。

事件から思うことは、「サミュエル・ハンチントンの文明の衝突」である。その中で、これからは、「多様な民族と、その文化が絡み合う世界となる」。「宗教ではイスラム教が問題に」。

安倍首相は、性急に、単純に「テロに対応する。その為の支援もする」。と言うべきではない。安保法制で、アメリカの支配下にはいり、世界に「歯には歯を」の硬派発言で、気を吐くと、日本もテロの標的になってしまうだろう。慎重にしてもらいたい。

<読書>

「巡査の休日」佐々木讓 角川春樹事務所

犯罪者を取り逃がしてから、次から次へと、色んな犯罪が続く。仮想の置き方に、思い込みがあったりして捜査が混乱する。その構想の大きさに作家の創作に感動する。結果は一度に解決する結果となる、が。それも爽快だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月14日 (土)

植物はクローン

霧雨の中、散歩。森のテラスは、須賀敦子の「ミラノ 霧の風景」を思わせる。そこに、「カランコエ」を自由にお持ち帰りください。と、葉っぱが置かれている。その葉っぱの外周に多くの針が突き出しているように見える。一見、針と思えるのだが、よく見れば葉っぱの原型をした小さな、小さな葉っぱの子供である。

 

 そこに、説明文が、親切にも置かれている。「この葉っぱの子どもは、大きくなり、やがて一本に独立します、可愛がって育てください。可愛いですよ」、と。

 

 そう言えば、親父は、椿類や、伊吹、ツツジなど、枝を切って挿し木で、株を増やしていた。植物は、クローンで増やすことが出来るのだ。それで、植物の世界は、異変が起きる事はあるのだろうか?我が家の庭には、親父が育てたクローンの株が植えられている。

 

 確かに、虫(病原菌)が付くと、その種類の木々は、一斉にやられてしまう。病原菌に弱いのか?しかし、我が家の木々だけではなく、近所の同じ種類も、犯される。クローンだから、とは言えない。ここが動物との大きな違いである。植物の不思議に、期待する。

 

 森のテラスの近所から、ピアノの練習が始まった。雨が強くなって来た。

 

<読書>

 

「吉原手引書」松井今朝子 幻冬舎文庫

 

花魁の「葛城」の恋の本気度からくる事件の本質を追うミステリーである。且つ、直木賞作品である。大胆な表現と、吉原の仕組みなどが良く分かる。さて、直木賞とは?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月10日 (火)

漱石のミステリアス

 夏目漱石の「こころ」は今さら申すべきも無く、名作中の名作である。ボケ爺は高校の時、大学の青春時、そして今と読みかえす。男子の「こころ」の葛藤が良く表現されている、と気に入っている。

 そう単純ではない?先生の遺書の最後の文章が、「ややこしい」、と、気が付く。ミステリアスだ。「遺書(手紙)を公開されてもいい、但し、妻にだけは秘密だ」。その理由は、「妻が己れに持つ記憶を純白に、なるべく保存したい」、から怪しくなってくる。

 ミステリアスの一つ目は、妻が死んでからでなければ手紙を公表できないのだが、青年は公表する。その理由が、先生が「なるべく」と、言っている、「絶対」とは言っていない。これは後から挿入(風船)されたのだ。実は、妻「静」が生きている内に公表してほしかった、のではないだろうか?

 二つ目は、「妻が己れに対して持つ」と。「妻が過去に対して」と書かれたなら、先生の過去であるが、どうやら、「妻自身の過去」となる。Kから「静」を奪ったのは、先生だった。その為に、Kは自殺した、とされてきた。

「静」が、先生のKへの嫉妬を利用した女性としての策士からの「政略結婚」であった、とすれば、「静」もKの自殺に加担したこととなり、ミステリーとなる。

 「己れの」も風船である。漱石は、「こころ」の作品に、男女の、より複雑な「もつれ」を表現したかったのではないか?単なる青春小説ではなく。漱石は、何時、読んでも、奥が深く、新鮮な発見がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 7日 (土)

決意、決断

 辱めながら、ボケ爺、朝ドラにはまっている。「あさが来た」朝ドラが面白い、ビジネスマンにとって大いに参考になる。女経営者の資質の伝奇である。

 昨日の「覚悟」の前に、「決意、決断」が必要なのだが。加野屋は、江戸時代の両替屋(金貸屋)から、土地を売り、あさの嫁入り道具を売り、資産を投入し、しかも借金までして、石炭鉱山業へと「覚悟を持って決意した」事となる。つまり、白岡浅子の起業家として活躍を演ずる。次々と、決断する事の大切さ、その覚悟で事に当たる姿が、ビジネスマンの生業に参考になる。

 女一人乗り込む筑前の炭鉱では、あさが鉄砲を胸にしまい込み、荒くれ男と真っ向から勝負する。そのリーダーシップも見応えがあるだろう。その後も、銀行、大学の設立、生命損保の設立と、起業は続くだろう。夫の新次郎のトボケと、緩めの気質が、あさと対抗して、面白い構成となっている。更には、加野屋主人の正吉の思考の柔軟性など、を含めた運営、組織も、ビジネスの在り方には、堪らなく愉快だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 6日 (金)

覚悟

 覚悟とは、久しぶりに聞く単語である。「変える覚悟、変わる覚悟」との基調講演を聞いた。サイボーズ(Cybozu)社(グループウエア)のソフトウエア開発企業の主催であった。演説の運出は、日本では珍しく、洗練されており内容も良かった。

 先日、日立のプライベート講演を聞いたが、相も変わらずの古風な演出、毎年変わらない社長の話は、日本らしい退屈な話であった。欧米の企業の日本講演会も、洗練されており未来志向で楽しみが一杯だが。

 死語になっていたのか?「覚悟」なる日本語に新鮮さを感じた。久しく、覚悟なる気持ちから遠ざかっていた自分に、驚きを感じた。切羽詰まった生活をしていなかったことに気が付いた。仕事をしていないということは、覚悟がともなっていないのだろうか?

 緩んでしまったパンツのゴム紐のような日々を過ごしていたのだと、改めて反省ができた。ストレスが無い、緊張が無い、切羽詰まった事象に会ってもいない。それでいいのだろうが。今日の講演で、考えさせられた。

<読書>

「草雲雀」葉室麟 実業之日本社 

何時も乍ら、葉室麟の、人物感は素晴らしい。今回の筋書きは比較的単純だが、人の心を語らせる時、深い意味を持っている。その分、遅読になってしまう。人間は派閥を組む(好き嫌いと、権力を良くする)嫉妬、恨みが渦巻く人生の成り行きに奥が深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 1日 (日)

秋の剪定の時期

 めっきり冷えてきた。我が家にも、僅かな木々の剪定の季節となっている。が、まだ十分な紅葉を迎えていない。ボケ爺も、歳を取っているので、一日で一気に終わらせることは出来ないほどの体力の衰えを感じている。今日と明日で、常緑樹を中心に剪定する事にした。

 それでも、袋のLLサイズで、8袋にはなる。比較的雨が多かったことで、木々の成長が早いからだ。広葉樹は、紅葉が終わったころの11月の末にしよう。

 新しい発見をした。我が家の山茶花は、赤色のみ、と思っていた。が、一重で、白とピンクの混ざった花びらが、一輪、隅っこの日蔭で咲いている。椿が、早咲きをしたのかと、幹を確かめたが、違う。確かに山茶花だ。さて、何処からやって来たのか?

 近所の家々の庭には、可憐な草花の花が、秋色(色が春先よりも濃いい)で、賑わっている。我が家は、無精人だから草花の花は無い、残念だ。秋晴れの長閑な一日だった。

<読書>

「歪んだ蝸牛」田中経一 幻冬舎

芸能プロダクション(TV企業)で起きる勢力争いのサスペンスである。緊張が続く場面が多く、一気に読ませてくれる。逆転に次ぐ、逆転である。著者は、これで2作目であるようだ。従来はTV番組の製作、取り分けイベントの演出家である。爽快であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »