« 負けない力? | トップページ | 「新3本の矢」は目くらまし »

2015年10月 1日 (木)

東京オリンピックのエンブレム

 東京オリンピックのエンブレムは、一体何がどうなったのだろうか?多額の損失を、税金を使って。第三者委員会も、エンブレム選考については言及していないのでは?日本の利権者の腐敗を見るようだ。中国と同じだ。

 公募前から、著名なデザイナーには、応募するように連絡をしていた。これは「インサイダー取引」で違反だ。審査結果、審査員組織、体制など、明らかにされない。要所、要所で弁解ばかりで、反省の弁は聞かれない。結果、誰も責任を取らない。第二次太平洋戦争時代の体質に、日本は戻ってしまっている。

 一度決まったデザインが、2回も修正される事も異例だ。信じられない。最初から当選者を決めていたのだろう、と疑う。最終デザインで、もう一度審査し直したら、変わっていただろう。また、1位が、ダメなら、2番目が採用されるのが常識だ。このような事態は、「詐欺事件」として、取り扱うべきだ。

 新体制の、基本的体制は変わっていない。管理組織は責任を取っていないからだ。①公募者を広めた、②審査員を増やした。ただそれだけ。その費用も税金で。

 旧エンブレム問題は、刑法事件(インサイダー取引、と、詐欺)として調査すべきだ。

<読書>

「失敗の本質」多数 中公文庫

日本軍の組織論的な研究と副題が記されている。基本は、自己を守る事に専念。他部門へは、無責任極まりない、が結論か。

|

« 負けない力? | トップページ | 「新3本の矢」は目くらまし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/62388516

この記事へのトラックバック一覧です: 東京オリンピックのエンブレム:

« 負けない力? | トップページ | 「新3本の矢」は目くらまし »