« シルバーウイーク、夏日に帰る | トップページ | 彼岸花に思う »

2015年9月20日 (日)

ヒット商品の発想

 朝から、TBSの「がっちりマンデー!!」のTVを見ている。ヒットするとは何か?の勉強の為、と言えば格好いいが、金もうけには色んな「がっちり」のアイデアがある、と感心して、楽しんでいる。

 最近、観光で街を歩いている人、海外での旅行客、など、「自撮り棒」の格好悪いスタイルも気にせず、持ち歩きが目立つ。スマホでの写真の共有の為に必要な付属品だそうだ。ボケ爺には、写真を共有しようなどの趣味はない、が。

 企業の経費整理に、領収書が、家計簿整理にも、写真は欠かせないと言う。公式にも認められたようだ。スマホが嫌いなボケ爺には、生きるに苦しくなる。

 一人カラオケもはやっていると言う。クックパッドも然り。これらはユーザからの発想であり、企業にフィードバックされて、改善されていったわけではない。どちらかと言えば、ネット社会だから、ネット上での共感、共鳴からヒットしたのだろう。これがデジタル社会? SUV車のヒットもそうなのだろうか?

 技術革新からのニーズ発想(ユーザからの聞き取り改善を含んで)と、ユーザが欲しいと言うアイデアの実現とには、「根本に何かが違う」、と考えている。さて、アイデアは、「実現の願望」を芽としている。これもイノベーションというのか?

<読書>

「恋貧乏」常盤新平 東京書籍

恋の短編集だ。10篇の小さな恋の物語だ。いずれもそれなりの幸せが描かれている。作家の登竜門は、日常の何でもない事の物語が、深い思慮の基で展開される物語に出来るようになることか?満足な1冊であった。

|

« シルバーウイーク、夏日に帰る | トップページ | 彼岸花に思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/62318522

この記事へのトラックバック一覧です: ヒット商品の発想:

« シルバーウイーク、夏日に帰る | トップページ | 彼岸花に思う »