« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月29日 (火)

負けない力?

 「負けない力」(橋本治 大和書房)を読む。「負けない」の反語は「勝つ」ということではない、と思う。「勝つ」の反語は「負ける」である。「勝つ」とは、「競争に勝つ」ことだろう。自分に勝つ、ということにも使われるが。

 「負ける」に対して、「負けない」は「勝つ」と言う「勝負言葉」ではない?この世(経済成長)は、「競争社会」で、「勝つ、負け」の2極を言う。これからの世(成熟社会)は、勝たなくてもいいけれど、負けてはいけない「生物の維持論(生物生命論)」を目指すべきなのだ、とも考えられる。

 「負ける力」(藤田和博 ポプラ新書)なる本がある。結論は、「他人の力を借りる(共同体)ことが良い。「借りる」ことは負けている事に相当。勝つと思わず、他人の意見と共存できるように、「他人と率直な意見交換」をすればいい。であった。

 「負けない力」とは、「知性」を使え、が結論。知性とは、「頭良い」、「成績が良い」とは違うことだ。頭が良いは、IQで測れる。成績が良いは、偏差値で測れる。だが、知性、は測れない。

 知性は、「知識」ではない。人間が本能的に持っている「器用な」「集中力」「努力」とも違う。

先日、TVで、小象が、穴に落ち込んだ。クレーンを持てきて、綱で引き上げると、その小象は生き残れない、と言う。穴を大きくして、動きやすくして、自力で這い上がることを考えさせれば、生き残る術を知る。これが小象の知性である。

日本人は教養主義が大好きだ。つまり、知識偏重主義者だ。これは誰か先人の「考え」を覚える事に専心している。学ぶべきことが無くなると、目標を失う。今の企業活動と一緒だ。先生がいなくなって、何をすればいいのか分からない。

今の日本は、江戸時代のように、鎖国が必要だ。鎖国すれば、今までの知識の活用に、独自性を考える。知恵が生まれ、文化が生まれる。そこに知性が培われる。

知性とは「他人の知性を認める能力」である、と。自分では知性があるとは認識できない。負けないためには、考える力を持て。「知性は他人を認める」。つまり、「負けない力」と「負ける力」は、見事に一致している。

ビジネスの世界でも同じだ。1番でなくてよい。3番、4番でも、利益(知恵、知性)を出して、生き残ればいい。これが「負ける力」「負けない力」である。どうして勝とうとするのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月27日 (日)

お月見

 晴天のシルバーウイークを過ぎて、いたずらな秋雨が続いた。今日はお月見らしい。しかも、大きになっているようである。残念ながら東京は、難しそうであろうと、朝は思ったが、1930分ごとに、見事な中秋の名月が雲の合間から覗いた。兎が観える。少々上を向いている。夕方、急いでススキを取って来たのが功を奏したのか?

 昨日の早朝、寝床の部屋に在る西の小窓から、小さな動きが見える。良く目を凝らしてみると、鬼蜘蛛の小型版のような蜘蛛がせっせと網を張っていた。その様な日には雨は降らない。実に、昨日は雨にはならなかった。

 今日は、と言うと、蜘蛛は頭を下にして、網の中央でジーとしている。昨日から獲物は引っかかっていない。寝ているのかと思いきや、網を時々、引っ張っている。獲物の確認をしているようだ。その内、微風が襲う。網が揺れるごとに、引っ張っている。一時もサボっていない。気の長い捕獲術だ。ボケ爺には我慢できない。

<読書>

「初めての文学講義」中村邦生 岩波ジュニア新書

「読む、書く、味わう」との副題がる。理系のボケ爺は、文学は大の苦手。モノを書きたくて、勉強したいと思うことはある。筆者は、「書き出しは誘惑する」の岩波ジュニア新書なる作品もある。文学と小説の違いが、そもそも判らない。ここでも小説論だ。基本は、①ファンタジーの二項式、②比喩の勝負、③五感を刺激する、最後で、結論は、アンソロジー(共鳴)を生み出す、ことであるらしい。その前に、幼少のころから多読である事が必須か?と思う。すれば、ボケ爺は、永遠の失格者だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月26日 (土)

VWの不正

 自動車業界、一番の生産量を誇るドイツの名門企業のVWで、ついに不正な業務が発覚した。環境評価(測定時)にソフトウェア(FW)の書き換えが行われた。IOTの世界だから出来た不正だ。エコカーで、ディーデル車中心のEUでは50%以上を占める。安定を好むアメリカでも、ディーデル車は好まれる。日本でのハイブリッド車は、世界では、数パーセントのシエアである。EVへのつなぎの技術と考えられている。それにソフトウェアに不安を抱えているからだ。

 VWCEOは、「自らも、経営者からも圧力は無かった」、と言うが、トップからの圧力が無くて、起こる不正ではない。技術家は、その圧力に困って考え付いた方法である。技術家は、不正を嫌う、技術力で勝負したい、そんな職業人だ。

 組織とは、東芝を初めとする多くの企業のように、「経営者の圧力」は不正の土壌を生む。しかも繰り返す。

 VWが失速すれば、喜ぶ企業が居る。世界トータルのクルマの出荷量は変わらないだろう。部品メーカの出荷量も変わらない。だから自動車メーカの不安はないはずだ。だが「勢力図」は変わる。その競争に、また不正がでなければいいが?危機を回避したいVWは、早々に社長を変えた。

 VWは、マツダのディーデルエンジンを、早々にOEMすべきである。マツダのディーデルエンジンは、現時点で、最高の技術である。

 自動車は、益々、エレクロリック化される。ソフトウェアにはバグはある。飛行機も想定外の出来事で、SWが元の事故が起きている。自動車も、バグが事故を起こす確率は高い、これから大事故にはつながらないだろうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月25日 (金)

AI(人工知能)現状

 「人工知能は企業の味方なのか?」のフォーラムを聞きに行った。日経BPの「小さな組織の未来学」の主催であった。講演者は、企業出身者で、アメリカで、開発研究の経験者。

 第一講演は、「人口知能の歴史(知能についての物語)」(中島英之)で、人工知能の開発の歴史が語られた。これからの研究開発は、状況対応型である、と言う。トップダウンの「自動機械」から、「自律制御のドローン」の力仕事から、「画像認識」、「構造(プロセス型)」、「パラレル型」など。

 第二講演は、「経営と人工知能 (ビジネスへの転用)」(清水亮)は、市販のAIキットに、ビッグデータを読み込ませれば、かなりのビジネスシーンで活用できる、と豪語している。AIの活用サービスのベンチャーとして、成長を遂げているようだ。AIの活用は、米国はトップが理解できる。が、日本は経営トップが理解できない。さて、日本はどうなるか?ホワイト族の生産性が、世界一低い日本。このままで生き延びられるのか?

 第三講演は、「第三者人工知能は私たちに使えるか? (オープン化、サービス化のもたらすインパクト)」(藤井彰人)は、「雇用の未来(マイケル・オズボーン)」の衝撃を説明。それは「現在の仕事量は47%が削減できる」。「AIに変わる職種は多岐にわたる」。の実現が近づいている。「オープンなAI-SWの活用」が運命を決める、との講演だ。

 予想していたが、予想以上に、AIのキットが売り出され活用が始まっている。さて20年後は、どんな社会になっているのだろうか?

 また、ITIOTの世界は、「3年ごと」に、新しい仕事を見つけないと生き残れない。携帯電話、から、ケータイに、スマホに、今は、アプリの仕掛け作り、さてその次はAIキット、その次の次は、AIアプリ、か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

彼岸花に思う

 彼岸花、別名、曼珠沙華、と言う。実篤公園の傍の空き地に片隅に、2輪の曼珠沙華が、晴天の太陽の光を避けた薄暗い所に、鎮座していた。妖怪のように思える。怪しげな真っ赤な色だ。情念の赤、と言えるのか? 何故、彼岸花と言うのだろうか?

 その思い出は、田舎での、ボケ爺の幼少のころに在る。お墓に、沢山の花を見て、あまりの、怪しげな美しい赤に、見せられて、球根から掘り起こし、裏庭に植えたのだが、母親は、激化の如く怒って、「縁起でもない」と引っこ抜いて、捨ててくるように、言い渡した。幼少のころのボケ爺は、母親の、怒りに不条理を感じた。

 強い有毒を含んだ球根の多年生の花だそうだ。母曰く、死人の血を吸って赤く咲く花は、不吉な花である、と。

 田舎では、小川の土手に、良く咲いていた。毒性が、モグラや、ケラなどの退治に、役立っていた、と言う。新幹線の車窓から見える、豊橋近くの小川の土手は、無限に覆いかぶさり、川水が血で染まったように、真っ赤な、一筋の道が伸びていた。

 窓から見える西の荒れ地にも彼岸花は咲いている。彼岸に、親を思い出しながら、過去を思い出す。

<読書>

「破落戸 あくじゃれ瓢六」諸田玲子 文芸春秋

暇つぶしには、時代小説の、大衆本がいい。著者の諸田は、文章が美しく、うまい。美文である。物語は時々、飛ぶことがり、繋げるには、読み込まなければならない。だが愉快だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月20日 (日)

ヒット商品の発想

 朝から、TBSの「がっちりマンデー!!」のTVを見ている。ヒットするとは何か?の勉強の為、と言えば格好いいが、金もうけには色んな「がっちり」のアイデアがある、と感心して、楽しんでいる。

 最近、観光で街を歩いている人、海外での旅行客、など、「自撮り棒」の格好悪いスタイルも気にせず、持ち歩きが目立つ。スマホでの写真の共有の為に必要な付属品だそうだ。ボケ爺には、写真を共有しようなどの趣味はない、が。

 企業の経費整理に、領収書が、家計簿整理にも、写真は欠かせないと言う。公式にも認められたようだ。スマホが嫌いなボケ爺には、生きるに苦しくなる。

 一人カラオケもはやっていると言う。クックパッドも然り。これらはユーザからの発想であり、企業にフィードバックされて、改善されていったわけではない。どちらかと言えば、ネット社会だから、ネット上での共感、共鳴からヒットしたのだろう。これがデジタル社会? SUV車のヒットもそうなのだろうか?

 技術革新からのニーズ発想(ユーザからの聞き取り改善を含んで)と、ユーザが欲しいと言うアイデアの実現とには、「根本に何かが違う」、と考えている。さて、アイデアは、「実現の願望」を芽としている。これもイノベーションというのか?

<読書>

「恋貧乏」常盤新平 東京書籍

恋の短編集だ。10篇の小さな恋の物語だ。いずれもそれなりの幸せが描かれている。作家の登竜門は、日常の何でもない事の物語が、深い思慮の基で展開される物語に出来るようになることか?満足な1冊であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月19日 (土)

シルバーウイーク、夏日に帰る

 9月の、この連休を、いつの間には、シルバーウイークと懐けられたのか。ボケ爺が労わられる週でなければならないのだが、残念ながら、行事はない。何もすることが無い。これには困る。(予定の中国への出張が延びてしまったのだ)

 朝から、夏日である。日射しも、雲も、すっかり真夏の様相である。寝室から見えるピンクの百日紅の花は、すっかり元気を取り戻し、冴えに冴えている。透き通ったピンクは怪しい艶だ。その隣の、エリカの花の木は、夏の初めの乾燥で、すっかり元気をなくしていたかと思いきや、長雨でも回復せず、枯れてしまったようだ。残念なり。

 端に鎮座している、ムラサキシキブの小さな、小さな粒が、ムラサキに実っている。これが花なのか?その後の実なのかは知らない。が、その紫色の質感には驚かされる。実に奥深い熟女の艶だ。

 ブドウを3房、収穫して、義親父を回想して、賞味している。今年は、長雨で、すっかり意気消沈したか、椋鳥が食べきらない。それとも豊作で、量が多すぎるのか? 種はあるが、まずまずの味である。このシルバーウイークの収穫を終えよう。椋鳥と競争して。

<読書>

「蜘蛛と蝶」大石 圭 講談社

要は、結婚詐欺のミステリーということだ。人の心は、悪もあり、善も持ち合わせている。それが如何様に作用するかは、状況による、ということか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月17日 (木)

函館にて

 昨日(16日)は、函館市の「国際水産・海洋総合研究センター」で、海洋環境委員会の4回目のワークショップが開かれて、ボケ爺は、研究中のナノカーボンチューブ(CNT)の応用として、船底塗料の成果を発表した。

 朝一番の飛行機で、函館に付いたが、晴天で、さわやかである。函館山の麓の函館ドックの傍に在る研究センターは、釣りのメッカだそうだ。今はアナゴが釣れるらしい。アナゴ釣りは、ボケ爺も経験あるが、夜でなければつれない。アオイロイガイを餌と出来るらしい。何処にでも繁殖する、嫌われ貝である。函館ドッグでは、先日、火災を起こしたサンフラワーの修理の為に、目の前で修理が行われている。

 発表の好評は無かったが、塗料企業の人たちと話が出来て、それなりに成果があったか、と自己満足している。

今日も晴天である、駅前の朝一は、朝から賑わっている。小学生の一団が多く、市場を駆け巡っている。朝から、食道をあさっているようだ。どんな修学旅行なのか?中国人のも多い。海産物のバク買いか?

東京は雨だと言う、晴天の函館から、帰るのが嫌になる。

<読書>

「老骨の悠々閑々」半藤一利 ポプラ社

このユーモラスな本を読んでいると、自分の能力の無さに気が付く。と同時に、嘆かわしくも悲しい。漱石の研究、近代日本史の研究では、とても有名だ。それに、こんなにユーモアがある。更に、木版画が、うまい。二物を与える神は不幸だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月13日 (日)

ACCELで、又日は昇るか?

 昨日(土曜日)だけれど、第一回ACCELのシンポジュウムがあったので、出かけて行った。JST(科学技術振興機構)の支援研究の名称である。JSTは文科省の下部組織である。最近、国立研究開発法人に変わっている。

 

 ついでだが、JSTの支援機構は、いろいろな項目がある。大きな予算が、大学と、大学と共同開発する企業へ、組まれている。その最高の支援機構がACCELである。

 

 25年度から行われているようだ。ノーベル賞候補の先生軍や、テーマが集まっている。新たな試みとして、それぞれのテーマに対して、PM(プログラム・マネージャー)を導入して、研究者の研究の加速と、ビジネス(事業)の為の起業化の誘引、企業の参画を促す研究の推進役を設けたことである。

 

 欧米では、特に米国では、大学内部や、研究機構の研究員に、PMを配置して、事業化をサポートしている。さて日本でこのPM方式が、成立できるのか?疑問ではある。

 

 それはそれとして、25年度5件、26年度5件の研究テーマは、素晴らしい内容であった。これらが実業化すれば、日本は、また日は昇るだろう。頼もしい講演を聞かせていただいた。興奮した土曜日となった。

 

<読書>

 

「精鋭」今野敏 朝日新聞出版

 

警察組織の、取り分け機動隊、その中の特殊部隊の組織、訓練内容の初心者向け解説書のようだ。なるほど、と言うしかない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月12日 (土)

調布市、震度5弱が!

調布市が直下型地震に襲われた。震度5弱と言う。ボケ爺の住まいは、調布市の東の端である。ここに住んだのは、50年ほど前である。それ以来、災害らしき出来事からは避けられてきた。朔日の常総市の鬼怒川の氾濫も然り、災害は何処にでも転がっている、とつくづく思う。

ボケ爺の体験で、震度5弱は、初めての体験だ。まだ熟睡中だった。瞬間、ベッドが飛び跳ねたように思えた。強い縦振動だ、少し長い。近くで、深い直下型だ、と思った瞬間、ガーンと、一発の横揺れ。その後の横揺れはさほどではなかった。細かい揺れだった。揺れ返しが来るかと心配したが、来なかった。

4.5年前の3.11地震と比べ、被害はほとんどなかった。その理由は、振動周波数が、高かったからだ。家具や置物の重力が持つ固有周波数よりも随分高かった、が理由である。その分、調布市の岩盤は硬いのかもしれない。

東京に住んで、随分と地震が多い所だと思っていた。まさか、5弱とは、永く生きていると、何かの災害に一度は会うのだろう。さて次は?東京都心の直下型?富士山の大噴火?

長生きは止そう。

<読書>

「山月庵茶会記」葉室麟 講談社

黒島藩の派閥争いの悲劇の元は、極秘であった。その秘密を暴こうと、藩を捨てたが、どうしても謎を解き明かしたく、謎解きに掛かる。この秘密は藩主までにも及ぶ。人の心は解らない。信じる事が出来るかどうか、だが、言葉では人は信頼し合えないのだ。言葉では表せない何かが多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

秋雨に濡れる

 ドンヨリとした空模様が続いています。秋雨前線が、例年より活発な気がするのは、歳を取ったからだろうか?

 まだ、青々とした樫の葉っぱでありながら、どんぐりが一面に落ちている。不思議なのか。正常なのか。森のテラスは、静かに霞んでいる。

 我が家のブドウは、椋鳥に食べられてはいるが、今年は、とりわけ豊作であったので、食べきれなくて、未だに残っている。そろそろ食べごろだ。一日一房で、賞味していこう。

 我が家の百日紅のピンクの花は、未だに満開だ。長い満開が楽しめる。世田谷通りの街路樹は百日紅で、色んな色が楽しめる。

不思議な事に、銀木犀が、強烈な匂いを発している。花が咲いているからだ。隣の金木犀は、まだつぼみも見せていない。少し早いのだろう。9月末ごろが盛りだ。のんびりした日曜日の午後になった。

<読書>

「自覚 隠蔽捜査5.5」今野敏 新潮社

今回は、短編集である。色んな捜査での、個性豊かな人間性の駆け引き、警察組織の不合理、などを抉り出すことに、短編で、構成されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 5日 (土)

チャイナショック

 中国、上海株の乱高下に、世界は一喜一憂している。中国、ロシアの「抗日勝利70周年記念日」にて、世界世論のイニシエーションを工作している。それぞれ、スケープゴートを日本にして、アメリカ対策に乗り出しているのではないか?そんな意味で、日本の取るべき態度は、安保法制ではないだろう。

 戦後70周年の、安倍首相の談話は、無難に過ぎて、ホッとしているだろう。前半の50年の奇跡的な経済成長は、朝鮮動乱、ベトナム戦争と言う幸運な商機を得たことに在る。調子に乗りすぎて、バブル崩壊を迎えることとなった。その後の20年と、明暗がくっきりとしている。

 先日、日経の社説に、「戦後70年の視覚」が記載されていた。ボケ爺から見れば、表層的な分析で、十分に反省(分析)出来ていない。後半の20年で、日本の弱体が決まった。基本的な弱体構造は、①思想が無い、②無責任化が加速した、の二点である。物作りに拘り、田口メソッドの品質向上に酔いしれ、先生トヨタの「改善(KAIZEN)」に踊らされた結果、デジタルの本質、グローバルの本質を見誤ってしまった、のだ。

 この基本的な流れに、日本の全てで、ついていけていない。とりわけ経営者、官庁(文科省、経産省)、更には、大学の専門家達にも言える。残念な日本である。

 マネタリアンの金のだぶつきのチャイナショックに、翻弄させられ、迷走する姿は悲しい。

<読書>

「技術大国幻想の終わり」畑村洋太郎 講談社現代新書

出直し、ゼロベースからやり直しが必要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 2日 (水)

東京オリンピックのエンブレム白紙撤回

 白紙撤回は、良かったと思う。が、誰が審査したのか?その人たちの意見は、その時のメンバーや、責任者は、競技場の時と同じように、また出てこない。デザイナーだけをスケープゴートにしている。

 全く闇の中で、の決定であり、撤回も、闇のままである。日本はここまで、無責任は組織運営、政策、となってしまったのか? これらを併せて、無駄使いは、全て、市民のカネである。それに対して「申し訳ない」と謝る人もない。森組織委員長も、無責任は記者会見。

 全て、闇の中で決めて来て、責任を取らない組織は、権威主義の冴えたる状態であり、安倍首相の挙動と同じである。日本は、世界の笑いものである。笑われることが問題ではなく日本は、「無責任国家、人民」である、と烙印を押されることである。今後の世界での経済、企業協業、研究関係など、活躍に大いに影響があるであろう。

残念な日本になってしまったか。

<読書>

「負ける力」藤原和博 ポプラ社

民間企業出身の校長で、有名になった作者である。強い個性のある人は、教育に、本当の成果は出たのだろうか?他業者の力を借りた他力本願教育であったのでは?と心配になる。「負ける力」とは、「ベクトルの和」であり、他人の力を借りる。つまり、他人の力を借りるから、その時点で負けている、と言う訳だ。本当か?この本の一貫した潮流は、自慢話ばかりである。負ける力は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »