« 新日本監査法人とは | トップページ | 連続の猛暑日 »

2015年8月 2日 (日)

灼熱の太陽

 連日猛暑が続く。2020年の東京オリンピックは、今より1℃は上昇するから、思い知らされる。熱中症で、何人の人が亡くなるか?その後に、その負の遺産(約4000億円;値上がり分)で、増税に熱が噴き出すだろう。

 安保法制の議論は全く、議論がかみ合っていない。安倍首相の、「断定語調」で、論点を隠す。「アメリカの肩代わり」法案であると、ハッキリとしている。①戦争資金、②兵隊、③武力、の3種で。

 熱帯夜(夕方)の連日の、国会周辺の、安保法制の違憲のデモは、大きな人数だ。ジャーナリストは、ほとんど報道しない。新聞社、その他の報道者の、安倍首相に生き馬を抜かれてしまっている。

 アメリカが、日本の政府や、第揮毫の盗聴していたことがはっきりした。が、誰も、抗議の声を挙げない。ドイツも同様な事件があった。ドイツは、公然と、猛烈に抗議したのだが。

 日本国民は、熱中症に掛かってしまっている。目を覚ますような雷雨で、頭を冷やし、緊張感が欲しい。

<読書>

「宰領 隠蔽捜査5」今野敏 新潮社

警察庁、警視庁、県警、等組織上の壁を乗り越えての問題解決。猛暑のボケた頭脳には、緊張感の連続で、活性剤である。

|

« 新日本監査法人とは | トップページ | 連続の猛暑日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/62005088

この記事へのトラックバック一覧です: 灼熱の太陽:

« 新日本監査法人とは | トップページ | 連続の猛暑日 »