« 余りにも馬鹿げている? | トップページ | 東芝の不適切会計 »

2015年7月12日 (日)

いきなりの真夏

 台風9号が中国大陸に迂回してくれた。そのおかげで、長い梅雨の雨が去り、関東地方は台風一過の、いきなりの真夏の様相だ。連日高温注意報が出ている。こんな事は、過去あっただろうか。今日の日曜日も、老人には堪える一日となりそうな晴天だ。

 我が家の庭では、百日紅の花が、一枝、咲いている。少々早い。この急な変化を待ち望み、準備をしていたのか?人間より、はるかに適応性がある事に驚く。

朝方、散歩していたら、小学生の1~2年生ぐらいの児童が、3名、袋を抱えて、小学校の方に、駆け抜けてゆく。思わず、「プール?」と問いかけると、「ウン、そうだ」と言う。季節は巡っている。

 そろそろ梅雨明けか、と思いたいが、台風11号が、虎視眈々と、本国を狙っている。前回と同様に、襲来を避けてほしい、と勝手なお願いをしている自分が居る。

<読書>

「利休の闇」加藤廣 文芸春秋

「信長の棺」で、一躍有名になった作家である。その時以来の文体は変わっていない。解説をしながら、小説(物語)化出来る才は、ユニークである。資料に基づいたフィクション化は素晴らしい。利休(宗易)はどんな人だったのか?時代背景は、秀吉の心の変化、等。ストンと納得できた。

|

« 余りにも馬鹿げている? | トップページ | 東芝の不適切会計 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/61878240

この記事へのトラックバック一覧です: いきなりの真夏:

« 余りにも馬鹿げている? | トップページ | 東芝の不適切会計 »