« いきなりの真夏 | トップページ | これでいいのか日本 »

2015年7月15日 (水)

東芝の不適切会計

 東芝と言う大会社が、社長の一声で、会計の不正を行うとはと、だれもが疑問に思うだろう。東芝と言えども、凡人の集まりだ。ボケ爺の長い企業人(サラリーマン)経験からは、良い事ではないが、理解は出来る。利益共同体はどこでも似たり寄ったりな行為をしている。東芝程の強いトップダウンは無かったが。

 東芝で言えば、一点気になるのが、委託した会計事務所で、本件の不正が見つからなかったか?ということだ、以前にもあったが、大手会計事務所も、堂々と不正を手助けしている。今回も、グルだったのか?

 大会社の不正は、生産子会社との取引関係で、簡単に作る事が出来る。大企業は曲者の沢山の子会社を抱えている。ボケ爺も経験者である。

 役員になると、必ず派閥を作り、派閥争いをする。派閥の亀裂が大きいか、小さいかの違い、表に出るか、出ないかの違い、はある。ボケ爺も巻き込まれた。理不尽なエネルギーを使っている。議員、政府、官庁でも然りだ。「俗な人間の持つ性」なのだろう。

 東芝は、歴代の社長の派閥争いが続いていたことになり、多分、今は、歴代の社長の責任擦り付け、と、引責で退任しる役員の新たな派閥が争っている事だろう。この歴史は長く尾を引くだろう。

<読書>

「光圀」佐伯泰英 新潮文庫

副題は、古着屋総兵衛 初傳、となる書下ろしだ。組織には必ず現れる派閥、それも、世代交代によって、必ず、勢力分布が変わる。江戸時代も、現在も変わりない。まるで東芝物語と、同じ様だ。

|

« いきなりの真夏 | トップページ | これでいいのか日本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/61890140

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝の不適切会計:

« いきなりの真夏 | トップページ | これでいいのか日本 »