« 再び、東芝の不適切会計に付いて | トップページ | 新日本監査法人とは »

2015年7月27日 (月)

軽飛行機、民家に墜落

 ボケ爺は、調布市に住んでいる。東の端であるが。調布飛行場は、調布市の西の端である。だから被害に遭遇することはなかった。

 先週の土曜日に、調布市中央図書館に行くために、地下にある京王線調布駅から地上に出た時に、西の方角に、上昇している軽飛行機の姿を見て、アーそうだ、調布飛行場はこの西に在るのだと、今さらに実感したのだが、その翌日に、事故が起きるとは、不思議な事象だった。

 ボケ爺は、学生時代、飛行機関連の勉強をしていた。大学の所有する軽飛行機が、調布飛行場に置いてあり、その実証などで、調布飛行場を使う事があった。その頃は、飛行場の西側は、米軍のキャンプ地であった。今は、味の素スタジアムに変わっている。飛行場の北側は、国際基督教大学のゴルフ場で、米軍の人も使っていた。今は、野川公園となっている。

 墜落場所は、富士見町である。35年ほど前には、友人の兄が住んでいて、度々お邪魔していた。懐かしい場所であった。

 ソフトボールの練習風景から映されていた軽飛行機の飛行から想像すると、明らかに高度が足りない。2度程、機首を上げようとして、揚がっていない。つまり、エンジンの出力不足、ということだ。これは整備不良ということとなろう。

|

« 再び、東芝の不適切会計に付いて | トップページ | 新日本監査法人とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/61966487

この記事へのトラックバック一覧です: 軽飛行機、民家に墜落:

« 再び、東芝の不適切会計に付いて | トップページ | 新日本監査法人とは »