« 税の不公平 | トップページ | 日本のロボット技術、大丈夫? »

2015年6月14日 (日)

女子サッカーワールドカップ

 なでしこジャパンは、カメルーンに勝って、これで、決勝トーナメントに進める。カナダでやっているので、TV観戦が出来る。ボケ爺も、思わず見てしまった。

女子サッカーは、男子高校レベル、と言われているが、ボケ爺は、それよりも上手ではないかと思う。ゆっくりしていて、観戦していて疲れない。その上、男子のような激しいぶつかり合いが無いので、公平のように思える。

なでしこジャパンは、世界での強さは、4位だから、強い。強いから、頼もしい。安心して観ていられる。が、カメルーン戦の後半は、ほとんど追い込まれて苦しい戦いであった。ほぼ負けていた。カメルーンの体力、速さは、恐ろしい。個人技である。少し正確さが無かったから、助かった。体力差が目立ったか弱いなでしこジャパンの勝利に安堵した。が、優勝は難しそうだ。

それにしても、良く走る。良く動く。真剣な顔、化粧の無い顔は美しい。汗でぬれた顔は清々しいい。よって、男子より、女子サッカーのファンとなっている。

<読書>

「笑う子規」正岡子規 天野祐吉・編、南伸坊・絵

正岡子規は、病弱であり一生の半分は寝床での生活だった。が、何とこんなユーモラスな俳句を楽しんでいたとは、楽観的な人格の持ち主だったか?それとも諦めた人生感だったか?

|

« 税の不公平 | トップページ | 日本のロボット技術、大丈夫? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/61741287

この記事へのトラックバック一覧です: 女子サッカーワールドカップ:

« 税の不公平 | トップページ | 日本のロボット技術、大丈夫? »