« 夢で反省 | トップページ | 珠海はスコール »

2015年5月19日 (火)

橋下の大阪都構想の敗戦

 橋下市長の都構想に僅差の反対で、幕が降りた。大阪行政に革命の一矢をもたらした。過去形となってしまった。「進化」のあり方を研究するボケ爺はとても残念だ。

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」の流れにもあるように、急激な変化では、実行の「方法論」に大きな意見の差が出てくる。橋下市長のやり方も、いささか強引なところがある。一方、「強引さ」が無ければ、革命は出来ない、の考えもある。環境の変化との関係もあり、難しい。

 年寄りたちが、「橋下市長の態度」に反発したのではないだろう。その意味で、大阪は、古い体質を持っていると言える。大阪は、税金の無駄使い(10兆円の赤字)が多く、革新しなければならい事は明らかなのだが。

 大阪は、個性人の集まりで、繊維、化学、薬品、家電、等、創業オーナーが、日本の発展を支えたのだが。今日の大阪の経済衰退や、革新の敗戦は、大阪人の個性体質の古さが、進化を止めている。

 残念な事に、大阪の復興のチャンスは無くなっただろう、が、ボケ爺の結論だ。

<読書>

「創業社長死す」高杉良 角川書店

創業社長は、ワンマンが普通だ。そのワンが無ければ、大成長は出来ない事は確かだ。だが、一般には、成功した創業者は、人情派である。それが故に、2世、3世の後継者でかなりの確率で、失敗する。悲しいかなそんな物語である。人の評価は難しいい。

|

« 夢で反省 | トップページ | 珠海はスコール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/61614678

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下の大阪都構想の敗戦:

« 夢で反省 | トップページ | 珠海はスコール »