« 尻軽なメディア | トップページ | 都心集中型の時代 »

2015年5月30日 (土)

コーヒーと緑茶

20155月7には国立がん研究センターなどの研究チームが「コーヒー」および「緑茶を日常的に摂取する人は、そうでない人に比較し、癌など病気で死亡するリスクが「大幅に低減」するとする長年(約20年)の調査結果を発表した。

カフェインは、昔から気分を安定させるとは言われていたし、食道癌になりにくい、とも? ポリフェノール(タンニンはポリフェノールの一種)もいいと言う。(ポリフェノールは赤ワインに多い、と言うが) 特に今回の発表では、クロロゲン酸(抗酸化性)の存在が、癌細胞の抑制に効いている、との説である。

緑茶は、カテキン、カフェイン、アンニン、ビタミン、サポニン、γ-アミノ酸等、コーヒーよりも、より広い健康効果があるように宣伝されている。

ボケ爺は、一日に3杯はコーヒーを飲んでいた。同年のアメリカの友人は、早くからコーヒーを止めた。カフェインが高血圧に悪いと、ボケ爺にも止める様に勧めてくれたが、止めなくてよかったのかな?要は、どうなってもいいのだ。一杯で至福が味わえたら、いつ死んでもいい。

<読書>

「笑う漱石」南伸坊 七つの森書簡

漱石の俳句27編である。愉快愉快。伸坊の添え絵も良い。

|

« 尻軽なメディア | トップページ | 都心集中型の時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/61668464

この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーと緑茶:

« 尻軽なメディア | トップページ | 都心集中型の時代 »