« 仙川の花水木通り | トップページ | 珠海から帰って来て »

2015年4月20日 (月)

保守化は、どこま?

 安保法制の可決が、時間の問題だ。安倍首相のアメリカ訪問のお土産だ。日本国は本当に必要な事か?平和国家では、世界での存在感が出来ないのか?

 自衛隊は軍隊になる。アメリカは、軍事力を削減したい。その分日本に負担を強制している。それに安倍首相は乗っかったのだ。国民への説明が無いのも、安倍首相の保守化。機密保護法で守られている、と。

 NHKやらせ放映、朝日TVへ政府圧力、で、何故政府は事情聴収しなければならないのか?報道の自由法に抵触する。放送局側も、何故断らないのか?深刻な保守化が浸透してきている証拠である。

 口をつぐむ傍観者の国民は、一体何処へ行くのか?昭和初期の状況に、よく似ている。このままだと日本は孤立する。いずれ徴兵制度が復活するだろう。

<読書>

「どうする?日本企業」三品和広 東洋経済新報社

日本企業の弱体化の現象と、原因を分析して、今までの論説を否定して、処方箋を展開している。成長路線で、生産量(売上)は伸びているが、それに反して「利益は減少」。収穫低減法則の戦略しか出来ていない。収穫増額路線(戦略)の変革を急がなければならない、と言う。

|

« 仙川の花水木通り | トップページ | 珠海から帰って来て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/61468972

この記事へのトラックバック一覧です: 保守化は、どこま?:

« 仙川の花水木通り | トップページ | 珠海から帰って来て »