« お花日和 | トップページ | サクラ、さくら、桜 »

2015年4月 1日 (水)

デザインを生かす時代

 米ナイキの「フィーエルバンド」、グーグルの「クロームキャスト」等、デザインの成功例の一部である。

 日本では、ソニーのデザイン力が有名であった。近年では、アップルのジョブスが、デザインに、経営の生命を掛けたことは有名だ。それに学んで、サムスンもデザインに力を入れてきた。デザイン経営が常識になってきている。

 アップルのデザインの歴史は、クラシック型、欧州仕込みの「フロッグデザイン」の外注から始まった。がその後、アップルは、ジョナサン・アイブを登用し、内製化に向かった。

 ボケ爺も、「フロッグデザイン」にデザインを頼んだことがある。シリコンバレー育ちの「IDEO」はPOP調である。

 フロッグデザインは、シンプルな構造「ミニマイズ」を主張した、シリコンバレー「IDEO」は使いやすさの人間臭さを主張している。

 要は、経営には、デザイン、技術、営業、の三要素が、欠かせない。特に近年、デザインが重要だ。何故?アップルの今日のシエアの向上が物語っている。

<読書>

「生物多様性」本川敏郎 中公新書

内容は難しい。生物は進化し続ける。テクノロジーも進化を続ける。進化には、多様性が必然だ、と。

|

« お花日和 | トップページ | サクラ、さくら、桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/61371948

この記事へのトラックバック一覧です: デザインを生かす時代:

« お花日和 | トップページ | サクラ、さくら、桜 »