« サムスン・クライシス | トップページ | 政治家の論理 »

2015年3月 1日 (日)

春雨が心地よい

 春雨が優しく降り注ぐ。傘を忘れて、小雨が、薄くなった髪の毛を濡らす。乾いた顔も歓迎する。

(春雨や薄毛の髪をあざ笑う)

 我が家の庭の山茶花は季節を過ぎて、椿の季節となっている。ほとんどは、一重の「赤の花」であり、実にシンプルだ。その中の一本は、変わり種で、8割の枝からは、「赤い花」で2割は「ピンクに赤い筋模様が入る花びら」で咲く。花の数は少ない。3月の中ごろが見頃である。

(奇形花奇怪な眼(まなこ)いつの世も)

 近所の庭には、黄色の水仙が咲いている。春に黄色は似合う。ラッパ水仙は、これからだ。遅咲きの白梅もこれからだ。自然は確実に春を感じて活動している。

(黄水仙今年も春を忘れじに)

 ボケ爺の左足の親指の爪は、スポーツ時の後遺症で、まともに生えない。爪切りでは無理。ニッパを取り出す。メジロ達が、梅の花で騒いでいる。歪な爪が切れて、ガラス戸を激しく叩いた。その途端に、メジロは飛び去った。が、親指はすっきりとした。

(メジロたち爪切り音で逃げりけり)

|

« サムスン・クライシス | トップページ | 政治家の論理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/61212413

この記事へのトラックバック一覧です: 春雨が心地よい:

« サムスン・クライシス | トップページ | 政治家の論理 »