« 群馬大学医学部付属病院 | トップページ | 花粉のピーク  »

2015年3月 8日 (日)

春雨の合間

 三月に入ってから、日本の南、太平洋上を次から次へと、低気圧が通過する。目覚めは小鳥の叫び声であった。小雨だからだろうか?

 我が家の白梅は8分咲きか。メジロが2羽、蜜を突っつき、落ち着きなく花を渡り移動している。メジロの緑の羽は美しい。白い目の周りの輪っかは、愛嬌がある。白梅に映える。

 午後には、散歩に出かける。スズメの集団が、常緑樹の中で、にぎやかに啼き遊びをしていて、少々近所迷惑だろう。その上の伝繊維は椋鳥が十数羽、スズメをにらんでいる。皿のその屋根上から、カラスが数羽、椋鳥を睨んでいる。中々、面白い構造だ。人間社会の組織図に近い。

<読書>

「日本人はどう死ぬべきか?」養老孟司X隅研吾 日経BP

解剖学で、「バカの壁」で有名な養老氏と、建築家で有名な隅氏の異色の対話集である。表題の議論は何処へやら、脱線会話から意表を突く「含蓄の言葉」が漏れる。結論は、「動的平衡」で、「流転の無常」で、「絶えず変わる」と言う事の覚悟が、死を楽しめる、と言う事か?

|

« 群馬大学医学部付属病院 | トップページ | 花粉のピーク  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/61249881

この記事へのトラックバック一覧です: 春雨の合間:

« 群馬大学医学部付属病院 | トップページ | 花粉のピーク  »