« 池井戸潤とは? | トップページ | 春雨が心地よい »

2015年2月28日 (土)

サムスン・クライシス

 サムスンの業績悪化の記事が、鬼の首でも取ったかの様に、各新聞社から出そろった感がある。業績悪化は、30%以上の減収減益の状況であった。日本人は面白がり、追い越されたサムスンに、「それ見ろ」、「お前も苦しめ」と嘲笑っている。

 日本程の打撃ではない。2.3兆円もの利益は、減益だと言っても確保している。未だに、日本の電機メーカーすべてを合わせても、6倍程の大きな利益を稼いでいる。市場は、絶えず変化する、流れは変わる。日本はすでに撤退しているから、エラそうな事は言えないはずだ。

日本の欠点は、「反省しない」ことだ。弱体した事業の分析をして反省して、改革を起こす必要があるのだが。改善に縮こまってしまう。日本は戦争の反省をしてこなかったし、過去を葬って来た。安倍首相の「70年談話」では、世界から非難を浴びる結果が予想される。

 当然、サムスンも今までのように高成長は出来ない。しばらくは、悩みモガクであろう。巨額の利益で絶対余裕がある。日本の記事では、継承問題で弱体化することを願っている。中国の追い上げで、スマホが失敗したことを喜んでいる。未来方針が提示されないことを笑っている。

 他人の不幸は「蜜の味」を喜ぶ日本で、本当にいいのだろうか?滑稽な日本人だ。

<読書>

「サムスン・クライシス」張、片山修 文芸春秋

ボケ爺のサムスンでの勤務での経験からして、内容は、良く理解できる。日本と、韓国との、性格の違いなどよく解説されている。その点を、日本は分析して、自分の反省にすべきである。「未来戦略室」は、反省に、分析に、立ち向かっている。

|

« 池井戸潤とは? | トップページ | 春雨が心地よい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/61207209

この記事へのトラックバック一覧です: サムスン・クライシス:

« 池井戸潤とは? | トップページ | 春雨が心地よい »