« 2014年の年忘れ | トップページ | のんびり正月 »

2015年1月 2日 (金)

2015年初夢

 初日の出は、7時半ごろに仰ぎ、一年の計を。だが何も出てこない。今日の日の入りは、富士山のシルエットを、国分寺崖線の頂上から、日の入りの右に仰ぎ観る。

 箱根駅伝のTVを見ながら、お菓子を無茶食いしている。新年早々、締りがない。昨年、兼好の徒然草と、長明の方丈記を再考察して、「頑張らない」、と決めた。当然、今年の初夢は無い。

 昨年は、災害の多い年となった。今年はそれ以上だろう。太陽の活動が弱い寒冷期へ移行中だ、と思っている。その分、火山活動が激しくなり、海水温は上り、偏西風が蛇行し、気象異常を、と言う説だ。「鴨長明の生きた時代」とそっくりだ。

 古希を無事終わり、いつ死んでもいい年になった。が、出来ない事をしようとも、楽しいことをしようとも思わない。思っても出来ない。その理由は勇気がないからだ。

 だが、技術とART=Designは追及していきたい。MBAも、MOTも、もう通用する時代ではなくなった。経済成長から、「成熟の世紀」に入ったからだ。人間の知恵は無限だ。知恵とは価値を生み出す。生物から学び、それを生かしてきた知恵なる「匠」を単なる「芸術」ではなく、来る時代の「Design化」することに、「思い」を馳せたい。

<読書>

「シャーロック・ホームズの気晴らし」ルネ・レウヴァン 図書刊行会

錯覚に陥る。コナン・ドイルが生き返って来たのかと。文章が素晴らしい、だけではない。ストーリが驚くほど、ホームズ的に素晴らしい。前半は、イギリスの歴史を推理風に仕上げている。後半は、SF掛かっている。コナン・ドイルが帰って来た。読むべし。

|

« 2014年の年忘れ | トップページ | のんびり正月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/60910934

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年初夢:

« 2014年の年忘れ | トップページ | のんびり正月 »