« 21世紀の経営は「デザイン」力 | トップページ | 世阿弥の言葉 »

2015年1月20日 (火)

夕日のマカオ

 成田空港は、相も変わらず、空港内に、住宅があり空き地が点在して、それを避ける様に滑走路に向かう。西に向けて飛び立つ、北に迂回して、海に出てから南下する。どうしてこんなに複雑なところに空港を作ってしまったのだろうか?一方、羽田空港はシンプルだ。今は羽田が威張っている。

 マカオの街の橋の上からの夕日は美しい。ギャンブル街の澳門タワーのシルエットが眩い。洪北ポートと呼ばれるイミグレーション(マカオ(特区)と珠海(中国)入国審査)を20分もの時間をかけて(人が多い)通過して珠海に入る。夕日が沈み終えたところだ。山々と高層ビルのシルエットが美しい。

<読書>

「七つの会議」池井戸潤 日本経済新聞社

いやはや、何処でもある企会社組織の情景である。筋を通そうとしても、企業人になってしまうと、企業の体質が人間を拘束してしまう。サラリーマンは正義と企業論理と戦う理不尽な世界で生きなければならない。

|

« 21世紀の経営は「デザイン」力 | トップページ | 世阿弥の言葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/61005206

この記事へのトラックバック一覧です: 夕日のマカオ:

« 21世紀の経営は「デザイン」力 | トップページ | 世阿弥の言葉 »