« 2015年日本経済 | トップページ | 小春日和の成人式 »

2015年1月10日 (土)

知らなかった富士見線

 ボケ爺は、京王線のつつじヶ丘駅が最寄り駅、武者小路実篤講演、文学館の近くに住んでいる。国分寺崖線の麓で、低地であり、富士山を観るには、国分寺崖線の頂上の仙川駅のある国分寺崖線の端であれば、何処からでもいい。国道20号線では、つつじヶ丘駅から、柴崎駅にかかる下り坂から、前面に迫って来る。中央高速道路上は、深大寺(神代植物園)に行く架け橋から、更には、NTT中央学園の構内の富士見跡から、がいい。

 今日は、つつじヶ丘駅から、京王線の電車の最後尾に乗った。千歳烏山駅手前から、富士山が線路上に、現れて、ズ~と芦花公園駅手前まで、富士山が追っかけてくる。しばらく線路上からは離れてしまうのだが、八幡山駅までは、見ることは出来る。

 諦めていたが、何と、笹塚駅の線路上に、富士山が突如現れる。新宿へのトンネルにくぐるまで観る事が出来る。京王線は、富士見線だった、と、御のぼりさんのボケ爺は感激だ。

<読書>

「銀行大統合」高杉良 講談社

みずほ銀行の誕生に付いての小説である。リアルに描くことでは有名な作家であり、バブルがはじけるまでの好きな作家であった。

|

« 2015年日本経済 | トップページ | 小春日和の成人式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/60952738

この記事へのトラックバック一覧です: 知らなかった富士見線:

« 2015年日本経済 | トップページ | 小春日和の成人式 »