« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月31日 (土)

気が乗ると、

 一月が行ってしまう。今年は気になる現象が起きた。「駅伝」だ。駅伝は唯一のグループ性の陸上競技だ。短距離のリレーはグループ競技とは言いがたい。

 今年の新春駅伝は、全てで奇跡が起きた。「社会人新春駅伝」、「箱根大学駅伝」、「都道府県女子駅伝」、「都道府県男子駅伝」、全てで「本命」は破れた。グループ競技は「気が乗る」「流れに乗る」ことがあれば、思わぬ人が力を発揮する。特に、箱根大学駅伝の青山大には驚いた。元々力のある人が調子を崩す訳は、緊張や、気負いである、と言われている。

 人はグループを組むと、「共振」、「共鳴」効果があるらしい。「複雑系理論」の基本である。共振、共鳴の気分が、思わぬ力を発揮する。それは生理学的には、ホルモンのはたらきであるのか。集団である企業でも同じことが起こる事は事実だ。

集団、群衆の在り方を良く、よく考えなければならない。良い事にも、悪い事にも使える。歴史が示す。今、世界的に起きている「テロ」も同じであろう。イスラム国が出来るのも、同じことなんか?だからどうする、が課題だ。

<読書>

「考える日々」池田晶子 毎日新聞社

サンディー毎日のコラムで、1000日分の集積である。基本は、ヘーゲル哲学をベースに、「存在」を考え続けているのだろうか?女性哲学者で、故人となられた。「哲学に、入門書は要らない。兎に角考え続けることだ」、と言う。特に「生と死」とは? ボケ爺、考え続けても、何も見つけ出せないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月25日 (日)

21世紀の資本

 表題は、フランスの経済学者、22歳で博士号の天才「ピケティ」の著書名である。以前、この解説をどこかで読んだ。5千円以上もする本が、13万部も売れていると言う。不思議な国だ。

 ざっくりは、経済成長の資本主義は「格差社会の拡大に向かう」と言う。その理由は、「労働者への配分」よりも、「金融資本を操作する人の方の配分」がはるかに多いシステムだからだ。

 ボケ爺の経験で、GDP5%成長期の韓国で住んでみて、実感できた。今は、GDP7.5%以上の成長の中国に毎月出かけるが、格差拡大が実感できる。経済成長には格差を踏み台にする必然性が存在する気がしている。

 アベノミクスは、言葉では格差是正と言いうが、大企業、富裕層優先の政策である。大企業が成長すれば、おのずと中小、零細も良くなると、言うが。経済史で、格差是正が出来たためしがない。

資本主義は、格差是正をしながらの経済成長はありうるのか?人は「ピケティ」の言うように我慢が出来るか?出来ないだろう。

<読書>

「吾輩は猫になる」横山悠太 講談社

中国に留学している人らしい。今日の日本語が、中国ではなかなか理解できない。中国語(漢字)を駆使した日本語小説である。さて、さてストリーは、良く分からなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

世阿弥の言葉

「世阿弥の言葉」 土屋恵一郎 岩波現在文庫を読んでいたら、懐かしい言葉に出会った。世阿弥から発せられていた言葉とは知らなかった。無知であった。

1)「初心忘するべからず」;試練を乗り越える志を忘れるな!

2)「時節感当」;人のペースを読んで、タイミングを外すな!

3)「男時、女時」;勝負には、勢いが必要だ!つまり、「男時(勢いがある時)に戦え」「女時(相手に勢いがある時)は、避けよ」

4)「目前心後」;目は前を向き、心でよく考える事!つまり、眼前を直視し、自分を客観視せよ。すぐの回答を避け、一晩考えてから(熟慮)!

5)「稽古は強かれ、情識は無かれ」;稽古を一生懸命するが、慢心するな!*情識とは「慢心」の事

とかくこの世を生きるのは難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月20日 (火)

夕日のマカオ

 成田空港は、相も変わらず、空港内に、住宅があり空き地が点在して、それを避ける様に滑走路に向かう。西に向けて飛び立つ、北に迂回して、海に出てから南下する。どうしてこんなに複雑なところに空港を作ってしまったのだろうか?一方、羽田空港はシンプルだ。今は羽田が威張っている。

 マカオの街の橋の上からの夕日は美しい。ギャンブル街の澳門タワーのシルエットが眩い。洪北ポートと呼ばれるイミグレーション(マカオ(特区)と珠海(中国)入国審査)を20分もの時間をかけて(人が多い)通過して珠海に入る。夕日が沈み終えたところだ。山々と高層ビルのシルエットが美しい。

<読書>

「七つの会議」池井戸潤 日本経済新聞社

いやはや、何処でもある企会社組織の情景である。筋を通そうとしても、企業人になってしまうと、企業の体質が人間を拘束してしまう。サラリーマンは正義と企業論理と戦う理不尽な世界で生きなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月18日 (日)

21世紀の経営は「デザイン」力

 これまでの経営手法は、MBAであり、MOTであると言われてきた。MBAは企業の成功例の分析であり成功物語を作ることであった。MOTは、研究、開発、技術を、如何にマネージメントするか、で、先ずは技術ありきのイノベーションは技術からの発想である。既に化石の学門だ。

 これからはデザイン力である。アップルの奇跡を見てみよう。ジョブスがアップルに帰って来て、iPodを製品化した。技術は平凡だ、がヒットした。iPhoneも同様。iPadもタブレットPCとして、先行を許していた。

 これらは、外装デザインも然りであるが、「流れ(コンセプト)」があり、「物語(ストーリー)」がある。まるで、創作料理を頂いているような。「良い素材(部品)」、「調理法(技術)」、「余韻(意匠)」、そして、次を期待する「愛着(リピーター)」をはぐくむ。これがデザイン力だ。

<読書>

「私の好きな歴史小説」常盤新平  晶文社

著者は、アメリカ文学の翻訳をし、フィクション、ノンフィクションの小説風も書く。その基礎を時代小説で、学ぶ事が多かった、と言う。以前に、「時代小説の愉しみ」隆慶一郎 講談社 を読んだが、時代小説は、歴史の資料収集、解釈、分析、組み直し、の創造力に期待される。技術開発と同じだ。その創造力に、万歳!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土)

阪神・淡路大震災から20年

2015.Jan.

17日

 

阪神・淡路大震災から20年

 

 この日を思い出すと、ヒア汗が出る。長年勤めた企業を退職して、転職の初日であった。東京から、大阪企業へ、アパートは転職先が用意した、神戸の岡本で、最上階であった。

 本社での会議に間に合わせるために、当日の17日、6時発、一番ののぞみに乗れば、本社での会議に間に合うはずだ。始発に乗り、のぞみに着席したのが出発10分前だ。寝込んでしまった。6時30分ごろ目が覚めた。窓を除くと、東京駅のままだ。

 毎年、17日のブログで書いている。5時46分の地震であった。出発14分前に、東京出発を止めたJRの判断は誰がしたのだろうか?未だに疑問が残っている。更に、ボケ爺が前日、岡本のアパートに入っていたら、死ほどの大怪我は免れていなかっただろう。その後の運命は変わっていた。自然災害とは、を考えさせられる。

ボケ爺の50歳での転職後と、阪神・淡路大震災とは同じ年月を重ねる。転職後、20年が経った。転職後の成人式だ。だが、「欲張るって」、言えない歳でもある。転職とは何かを、語り続けたい。

<読書>

「スケープゴード」幸田真音 中央公論新社  

ノンフィクション仕立てのフィクションである。経済作家の大御所である。今回は、政治小説となっている。日本を真から革新したい、と言う、信念と情熱を持った政治家を期待しての作だ。多分、高橋是清のような政治家を期待しているのだろうか。現状の政治家は政局を乗りきることに興味があり、政策には関心が無い、と、皮肉を言いたかったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月)

小春日和の成人式

 北風が少々強いが、小春日和の室内は暖かい、良い日和である。二回のベランダまで成長した山茶花は、今が満開だ。数羽のメジロがやって来ては騒いでいる。時々、椋鳥が悪戯にやって来る、が、メジロは心得ていて、すぐに戻って来る。

 23日前に、サムスン電子の2014年の決算を見て各新聞は一斉に、減収減益を、記事にしている。あてつけのような記事が多い、と思うのは、ボケ爺のひがみであろうか?日本の弱電メーカーをいじめたサムスン電子の事業悪化を面白がっている様だ。

 残念なことだ。むしろ反省の材料にして、それを分析して、再生の教科書にしたらいいのだが。日本は反省が出来ない。日本は過去を糧にする分析力が弱い。営業利益は32%減と言っても、2.5兆円である。日本の電機メーカー7社合計よりの多い。

 スマホが中国勢に追撃されている。商品にはライフサイクルがある。コモディティー化すれば、安く作れるところが勝つ。法則である。コモディティー化しないためには、イノベーションを続けるより、生き残れる方法は無い。スマホは徐々に、イノベーションが少なくなってきている。さて、次の一手は?

<読書>

「オレたち花のバブル組」池井戸潤 文芸春秋

半沢直樹の正義の活躍する物語である。倍返しの後編であろう。ボケ爺も、半沢のようなサラリーマン生活をしたから、出世には及ばなかった。寂しい今日である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

知らなかった富士見線

 ボケ爺は、京王線のつつじヶ丘駅が最寄り駅、武者小路実篤講演、文学館の近くに住んでいる。国分寺崖線の麓で、低地であり、富士山を観るには、国分寺崖線の頂上の仙川駅のある国分寺崖線の端であれば、何処からでもいい。国道20号線では、つつじヶ丘駅から、柴崎駅にかかる下り坂から、前面に迫って来る。中央高速道路上は、深大寺(神代植物園)に行く架け橋から、更には、NTT中央学園の構内の富士見跡から、がいい。

 今日は、つつじヶ丘駅から、京王線の電車の最後尾に乗った。千歳烏山駅手前から、富士山が線路上に、現れて、ズ~と芦花公園駅手前まで、富士山が追っかけてくる。しばらく線路上からは離れてしまうのだが、八幡山駅までは、見ることは出来る。

 諦めていたが、何と、笹塚駅の線路上に、富士山が突如現れる。新宿へのトンネルにくぐるまで観る事が出来る。京王線は、富士見線だった、と、御のぼりさんのボケ爺は感激だ。

<読書>

「銀行大統合」高杉良 講談社

みずほ銀行の誕生に付いての小説である。リアルに描くことでは有名な作家であり、バブルがはじけるまでの好きな作家であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水)

2015年日本経済

 経済学者でもない素人に、2015年を占う資格は無い。更には、ボケ爺である。が、気なるニュースが、多い。何か言わないと唇が寂しい年頃である。

 1:アベノミクスは、どうなるのであろうか?既に失速している訳だから、いうことは無い。金持ち政策であり、バラマキ政策だから、安倍首相は、経済音痴である。大企業は喜んで、すり寄っている。自民党は、大企業から金さえ集めて、長期政権で、美味しい蜜が吸えればいい。日本がどうなろうとも気にしていない。

2:原油安になってしまった。シェールオイルを蹴飛ばそうと言う訳だ。出来るかな?もしこれが続けば、20兆円の日本財政が助かる。財政改善ができるか?

3:米国経済しだい、で、日本経済が決まる。ヨーロッパ経済はリスクが多い。しかし、日本は何といっても米国経済だ。現在は2%消費増で調子がいい。これも利上げの時期による。2015年半ば起こる。さてその時は?

<読書>

「七つの顔の漱石」出久根達郎 晶文社

漱石の人物概要が分かる入門書。七つの顔とは、①文豪、文学者、②スポーツマン(器械体操、ボート、乗馬、等、③詩人(漢文、童謡、俗謡)、④俳人、⑤教育者(教授、教師)、⑥美術者(評論、装幀師)、⑦市井人(父親、金之助)、である。「漱石夫妻の手紙」は、面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

やっと仕事始め

 裏の家の庭にはロウバイの黄色の花がしっかりと元旦からメジロを招く。我が家の梅の花は、昨年は3輪ほど咲いていたが、今年は蕾が硬い。

 「SIMフリー」元年である。話によると、なかなか複雑で、一概に喜べる仕様にはならない。既存の機種では、キャリア間の互換性に難問を抱えている。真のSIMフリー機の出現が待たれる。未来予測2015(スマホ)では、

1) ミレニアムリーダーで、協調型の共創仕事術が生まれる

2) 都市のブランド化で、都市間競争が激しくなる

3) 電子財布のグローバル化

4) 常時オンラインネットワーク化の消費者行動の活用

5) 健全なココロと体のバランスビジネス

 更に、日本初の航空機元年か?ホンダの軽ジェット機が発売、三菱重工のMRJの初飛行、ボーイング777Xの日本部品生産が開始。航空機産業が飛躍かも?

<読書>

「テロルの決算」沢木耕太郎 文芸春秋

浅沼共産党議長を殺害した青年の物語である。幼少時期からの生い立ち、とその生活ぶり、性格などの追跡ドキュメントである。実にリアルで、青年の無垢な気持ちが、犯罪に至った経過が理解できた。こんな青年の出現がほしいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

ミレニアム世代

 2015年は、ミレニアム世代の活躍する時代に入った気がする。失われた20年が過ぎたように思えるのは、ボケ爺だけではあるまい。日本がそれに付いていけるかは、疑問ではある。

 政治の不作は、まだまだ続くだろう。今年は特に安倍政権が牙をムク年だ。寓衆が如何に立ち向かうかが問われる。グローバルにオープンでなければいけないにも関わらず、閉鎖的で、保守化に向かっている。

 科学の基礎が、要約、技術化へと移行する。ITから、ICTになり、IOT(Internet of Thing)つまり、物と物との融合時代であり、HWとSWの共創の時代となって来た。人工知能が中心となろう。その手始めが自律制御型、自動操縦のドローンの活用と、自動操縦自動車である。更には、製造技術のロボットであり、ウエアラブルと、健康管理が共創する。

 経済不調、政治(民族意識)はには、不安があり、何となく落ち着かない時代。太陽活動の減少からの寒冷化の災害も、さらに増える時代に陥るであろう。

 今年のTVは、お笑いばかりで、クリエーティブ性に期待する時代に、低脳化してしまって気がかりな幕開けとなった。

<読書>

「詩小説」阿久悠 中央公論

凡そ30曲の歌謡曲の主題を題材としての短編集である。「詩」とあるから、歌謡曲の内容と一致しているのかと思いきや、全く関係が無かった。それはそれで、想像の世界を創作しているから面白い。こんな創作をしてみたい。ボケ爺は「人はひとりのほうがいい」が、気に入った。ボケ爺は孤独であり、孤独を好むから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

のんびり正月

 昨日は、朝風呂、今日は昼風呂、で、その後、ワインを貪り、酔っ払う。何も考えない、と決めて行動している。すぐに酔っぱらってしまい、ウトウトと眠る。夢も見ない。何とも心地良い。

 赤瀬川原平の「老人力」、よりは、嵐山光三郎の「不良中年のすすめ」に、賛同して。くれぐれも非行ではない不良である、と。第二の人生は、不良であるべきだ、と強調する。ボケ爺も大いに賛同するのだが、ボケ爺は中年をはるかに過ぎてしまった。不良老人である。せめて、一人で、お酒を飲むぐらいか?これとて、下戸では様にならない。

 今日の夕焼けも、素晴らしく美しい。雲が見当たらない富士山の南に太陽は沈む。東の空には、満月には2日ほど早い真っ白な月が昇る。こんな自然に感激することで、は、不良老人にはなれない。

 老人力と、不良中年をコラボして、「不良老人」を定義してみたい。正月早々、ろくでも無い事を考える。この一年が思いやられるのだが。だが、不良老人いなりたい。

<読書>

「「不良中年」は楽しい」嵐山光三郎 講談社

これを読むと人生、愉快だと、思えるから不思議だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

2015年初夢

 初日の出は、7時半ごろに仰ぎ、一年の計を。だが何も出てこない。今日の日の入りは、富士山のシルエットを、国分寺崖線の頂上から、日の入りの右に仰ぎ観る。

 箱根駅伝のTVを見ながら、お菓子を無茶食いしている。新年早々、締りがない。昨年、兼好の徒然草と、長明の方丈記を再考察して、「頑張らない」、と決めた。当然、今年の初夢は無い。

 昨年は、災害の多い年となった。今年はそれ以上だろう。太陽の活動が弱い寒冷期へ移行中だ、と思っている。その分、火山活動が激しくなり、海水温は上り、偏西風が蛇行し、気象異常を、と言う説だ。「鴨長明の生きた時代」とそっくりだ。

 古希を無事終わり、いつ死んでもいい年になった。が、出来ない事をしようとも、楽しいことをしようとも思わない。思っても出来ない。その理由は勇気がないからだ。

 だが、技術とART=Designは追及していきたい。MBAも、MOTも、もう通用する時代ではなくなった。経済成長から、「成熟の世紀」に入ったからだ。人間の知恵は無限だ。知恵とは価値を生み出す。生物から学び、それを生かしてきた知恵なる「匠」を単なる「芸術」ではなく、来る時代の「Design化」することに、「思い」を馳せたい。

<読書>

「シャーロック・ホームズの気晴らし」ルネ・レウヴァン 図書刊行会

錯覚に陥る。コナン・ドイルが生き返って来たのかと。文章が素晴らしい、だけではない。ストーリが驚くほど、ホームズ的に素晴らしい。前半は、イギリスの歴史を推理風に仕上げている。後半は、SF掛かっている。コナン・ドイルが帰って来た。読むべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »