« 冬への備え | トップページ | 意味のない選挙 »

2014年12月 1日 (月)

雨の師走

 先生の走る師走に入った。クリスマスツリーは、花盛りで、師走とは同期し無くなってしまった。ちょっぴり残念だ。今年(2014年)の師走は雨で始まった。午後から晴れるとは、裏切られた。

 今年は、このように、予想が外れる天候、災難が続いた。これも、CO2温暖化による異常気象と、「CO2温暖化」がすべての原因にされるが、本当か?太陽の活動は2007年ごろから、おとなしくなっている様だが?もう少し、丁寧な分析をお願いしたいものだ。

 一方、地球は熱を帯びている。地下マグマが騒いでいる。日本の火山帯は活性化しているのではないだろうか?西島は、いまだに拡張している。阿蘇山までマグマが押し寄せている。御嶽山は水蒸気爆発であるらしいが、その原因は、マグマの接近ではないか?地球地下層の活性化が、海水温の変化となり、結果は、温暖化、と見えるのだ?がボケ爺の自説である。賛同してもらえるかな?

 雨の師走は物悲しい。このままで一年が終わりそう。明るさはほど遠い。STAP細胞の騒ぎのように。

|

« 冬への備え | トップページ | 意味のない選挙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/60744099

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の師走:

« 冬への備え | トップページ | 意味のない選挙 »