« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月30日 (火)

2014年の年忘れ

 2014年も終わりである。何が出来たか?全てを忘れることだ、と日本人は教える。ボケ爺は、古希の歳であった。物忘れが激しく、忘れようと意識し無くても忘れる。

 ボケ爺を励ましてくれた「老人力」の赤瀬川 原平が亡くなった。残念!合掌!

その後、徒然草の兼好、方丈記の長明の心境を、再度学んだ。同意をして、真似をして、俗な世界から抜け出そうと、努力はした。一生現役を主張する人も多い。脳(アドレナリン)は、どちらに賛同するのだろうか?

1) 顧問契約を、2件、約束をしてしまった。

2) 埼玉県の先端技術支援金(ナノカーボンチューブ応用開発)を受けてしまった。

3) 東工大の大学院教授の化学実験室を借りる約束を取り付けてしまった。

4) 撥水性に、面白い物理現象を発見。バイオミミックスにバンザイ!で、究めたい。

5) 2つの事業立ち上げには、失敗した。その企業との顧問契約は中止となった。が、その時の知財権は確保できた。(4件の大学委託研究も含め)

アー、アー、つくづく、ボケ爺は俗人である。皆様、良いお年をお過ごしください。

<読書>

「すらすら読める 方丈記」中野孝次 講談社

「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、元の水にあらず」から始める鴨長明は、名文の書き出しだ。漱石にも通じる「世にしたがえば、身、くるし、したがえねば、狂せるに似たり」と、この世の息苦しさを謳う。更に、ことを知り、世を知れば、願わず、走らず、ただ、閑なるを望みとし、愁え無きを楽しむ」の心境に至る。この課題は永遠に続く。

死史観は「朝に死に、夕べに生まるるならい、ただ水の泡にぞ似たりける」「知らず、生まれ死ぬる人、何処から来たりて、何処へか去る」と言うことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月29日 (月)

年忘れ川柳

LED冷え冷え長持ち妻思う

RGB3色あってのLED

発光原理はそもそも赤LED

LED何故もらえぬノーベル賞

クヨクヨと考えるなと考える

話せたら何を話すか愛犬は

虫の恋老人の恋過疎の村

総選挙ビッグデータも当たらない

総選挙アベノミクスの悪乗りだ

暴走族アベノミクスは夢を消す

悪ふざけ憲法改正で戦争へ 

川柳は秘密保護法で調べられ

新年に新歯ブラシをボケ爺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月28日 (日)

小椋桂の生前葬コンサート

 昨日(27日)NHK-TVで、特別篇を放映していた。ボケ爺、小椋桂とは同年代である。が、功績は同等ではない。名の無い平民である。しかし、同時代を生きてきたことは、事実である。4日も続いて、100曲を歌い終えたようだ。その時は、ボケ爺は、時間が無くて聞けなかった。

 特別篇で顧みると、どうやら、19701975年辺りの詩には、激しいものが感じられる。サラリーマンと、詩作りとの両立に、不条理、理不尽と戦っているように思える。

 「シュクラメンのかおり」の大ヒットの時代に、ボケ爺も、日本初の製品開発が終わった。が、この製品は市場に出ることは無かった。シュクラメンの花には香りは無い。不条理に負けた時だった。

 「愛燦燦」美空ひばりの、切ない声で流れていたころ、海外向け商品の開発が完了した時だった。「人生って、不思議なものです」のフレーズに涙したものだ。

 小椋桂、10年後には、この10年の新曲を携えて、「生き返った小椋桂コンサート」を開くことだろう。ボケ爺も頑張るぞ!

<読書>

「できごころ」村松友視 実業日本社

=男と女の歳時記=と副題である。男と女の季節を移ろうような恋の一ダースの短編集である。男と女を描かせては、さすが著者の冴え業である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月27日 (土)

国益?国の機関が海外企業と

 日本の国の研究機関が、海外機関と共同開発が盛んになって来た。これは国益となるのか?損失か?判断は難しい。何せ、研究費用は、国民の税である。日本のビジネスが減るのではないだろうか?或は、元々、実用化できなかったのだから、ロイヤリティーを貰えるだけ得なのか?判断は難しい。

 数年前は、韓国を目の敵にしていた日本は、様変わりをしている。大物では、①東大が創薬で、米ファイザーと組む。②弘前大は、アルツハイマー病で、GEヘルスケアと組む。③物質・材料研究機構は、フランス科学研究センター(CNRS)や、英ロールスロイスとジェットエンジン材料で共同開発、④LGグループが、素材化学研究センターを物質・材料研究機構内に、設置する。

 今や、連携割合は、3%から、21%まで膨れている。その機構のオープンイノベーションセンターには、サムスンを始め、多くの海外企業が参加してきている。ボスコ、ブッシュ、DSM, ボーイング、シーゲイト、GE, など等。材料では、日本は強そう。さて、国益は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月23日 (火)

久しぶりに明るい半導体のニュース

 東芝のNAND型フラッシュメモリーが好調らしい。何時もなら、下期は需要が減るらしいが、今年は中国スマホの特需によるものだ、と言う。サムスンと長年の競争が続いている。シエアは10ポイントほどの差があったが、その差はほぼゼロに近づいたようだ。ガンバレ!

 ハイニックスとの和解での収益も併せて、久しぶりの半導体産業にとって明るいニュースで、2014年を終われた、と言う。中国市場は、スマホ市場、データセンターなどでは、益々重要な市場になるだろう。円安の恩恵も含めて、その利益を次世代フラッシュメモリーの研究投資をしてもらいたい。

 半導体の成長分野は、データアクセスの高速化にはフラッシュメモリーであり、自動車のEV車化のパワー半導体である。日本の半導体産業の復活に期待する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月21日 (日)

成城から夕焼け

 朝から、剪定の残りを終えた。二回に分けた理由は、紅葉が遅くなって来たから、それが終えてから、と気を配ったからだ。残暑が遅くなり、秋が遅くなった。今年は、寒波が早くから襲ってきた。紅葉も凍って生煮えのように、汚くて美くしいい落ち葉ではなく、木にしがみ付いている。まるで、ボケ爺の人生の様だ。

 午後は久しぶりに、チャーリーの散歩道を復習しようと出かける。成城近くの野川で、カワセミを観たかったのだが、その傍の成城三ツ池公園にカメラマンが集まっていた。メジロを探っている様だ。

 小田急の成城学園は、地下に潜った。昔の橋が意味をなさないが、そのままだ。複々線の小田急線の方向に、丁度、陽が西に沈むころに出会った。丹沢の稜線がくっきりと、その北に目を移せば、富士山のシルエットが。その青空には、飛行機雲が、富士山に突き刺さる勢いであった。

<読書>

「馬車は走る」沢木耕太郎 文芸春秋

ド迫力のルポルタージュである。唸るしかない。囲碁界の韓国と日本国の軋轢。東京都知事選の石原陣営。帝の運営。小椋桂の生き方。太平洋横断レース。三浦知義のロス事件。主人公の出没を、時を前後させながら組み立てる迫力。主人公の気概、人生論も読み解く能力は、凄いとしか言いようがない。戦慄が走る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月20日 (土)

STAP細胞、実証できず

 そもそも、マウスの遺伝子が一致していなかった、と言う時点で、この結果は予想された。ボケ爺の経験からして、科学は正直なものです。ウソはつかない。「検体を間違えた」、事は重大なミスである。意図していなければ。

 しかし、小保方様、他の先生方の「科学的アプローチ」が間違えていた訳ではない、と断定する。科学現象は、外圧(圧力、温度、粘度、等のエネルギー)環境条件(pH(酸、アルカリ))、それに、触媒(イオン、等)作用、の3要素の無限の組み合わせで、決まる。

 論文からすれば、①細い管を通す(これは、外圧(粘性などを含むエネルギー))②レモン程度の酸性化、までは分かるが、温度条件は?触媒に相当する何か?が、抜けていなかったか?その実験条件の記載がない。これを抜かしたことは、科学論文として重大な欠陥だ。ボケ爺には、詳しくは、解らないが。

 生物は、複雑である。「ダーウィンの突然変異」のメカニズムが見つけられなかった、ことになる。残念だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月17日 (水)

電機は化学化する

 電機メーカーの研究技術は、材料開発に熱を挙げている。それもほとんどが、「化学技術」である。「光合成技術」「二次電池、コンデンサー、等エネルギー」「センサー技術」「構造物にカーボンファイバーなど」。

 パナソニックの津賀社長は、「水、空気、水素」で、一兆円規模の事業をする。と豪語している。サムソンも、次世代メモリーは有機で、と化学技術に熱が入っている。そう言えばLCDTVは化学だ。

 ノーベル賞を受賞した青色ダイオードの物理のLCDはここらで終わりかもしれない。次期照明はEL(化学)であろう。すべての物質は「水」の構造物だとの研究で世界の先端を行っている日本は次のノーベル賞の候補で、化学であろう。

 GEのイメルト会長は、「久しぶりに日本が面白くなった」と言っているらしい。①燃料電池、②医療機器、③再生エネルギー、がそれである、と言う。

<読書>

「夜の橋」藤沢周平 中央公論社

心の機微で、思わず涙。人の心は人情。市井の人情を描かせればこの人が一番。武士道の仁義と義理と、男意気を、黙して語らず。そこに涙を誘う。人生の奥は深くて複雑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

日本人は、ガラパゴスが好き?

 つくづく日本人はガラパゴスが好きなのだと思う。戦後は、アメリカに追いつけ追い越せの精神で頑張って来た。勝った途端に、天狗になる。国民全体がそんな気分に流される。世界で認められるには、今だから協調が必要だ、と、言う人は居ない。

 国際標準、国際規格会議などでは、すぐに孤立してケツをまくる。企業は協調性を要求するが、一歩、外に出れば敵対が好きだ。日本は世界と比べれば人種差別が少ないので、その分、世界との、どうでも良い差別化で、いきり立つ。

 最近のガラパゴス化で心配なのは、電機業界に続いて、自動車産業界だ。ストロングハイブリッド化(HEV)自動車の売れ行きが思わしくない。世界は、インフラを壊してまで、急ぐことは無いと考えている。ヨーロッパでは、「LV148」規格の48Vでマイルドハイブリッド化(プラグイン)を進めてきている。つまり、日本はその規格をどう受け止めるのか、だが?

 水素ガスの燃料電池自動車の「日本初」の騒ぎ様にも、危惧する。ガラパゴスにならなければいいのだが?水素ステーションは、街の中まで浸透するのだろうか?水素ガスボンベに危険がいっぱいである。水素ガスバリア(水素が漏れないフィルム)材がやっと出来たところである。

さて、燃料電池車は本当か?USA/EUは、燃料電池は特殊車からの普及に力を注ぐようだ。水素ガスの製造にもCO2が必要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月13日 (土)

知性とは?

 創造性を如何に生み出せるか?が、ボケ爺の一生の課題である。知識の詰め過ぎでは得られない事だけははっきりした。優秀な人は沢山いたが、創造性のある仕事は、必ずしもその様な人からは生まれていない。はみ出している人だった。だからと言って最小限の知識が無ければ、発想すらも起こらないことは確かである。

 糸井重里コピーライターの弁は、「整合性を疑える」ことだ。と言い切っている。それには、①ロジックが通じる。②作ってから意味づけする。③商品ではなく、面白さを考える。④喜ばれる贈答品を考える。⑤ほぼほぼ、ソコソコ、から考える。

 やってはいけないことは、経費節減、贅沢を嫌う、ことだと言う。自分をほめたい日には贅沢をすることだ、と言う。ボケ爺は、貧乏人である。そんな人には、どんな満足が?どんな贅沢が?を考える「整合性」の追求から始まる知的作業が有効だ。

 先週、NHKの放映で、東大の先端技術研究センターが、小学生から中学生の一芸に優れ、人付き合い困難な人々を支援すると言う。とんでもない天才たちの集まりだ。楽しみな試みだ。期待する。

<読書>

「緋の天空」葉室麟 集英社

「聖武天皇」のお妃である「光明皇后」の生涯を艶やかに振り返った力作である。古事記から始まる日本書紀の日本の中枢での政務の行われ方から、その貴族の生活。藤原家との実権争いの物語が折り重なっている。女帝の多くを輩出した時代の政治の実態など、歴史が学べる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月10日 (水)

今日のセレンディピティー

 今日は一日、机にしがみ付いていた。その為に、後半では、ボケ爺の脳はボーとボケてしまっていた。ボケ爺はラウンジ型レンタルオフィスを借りている。都内至る所にある。今日は新宿のパークタワービルの30階である。

 大昔、初台に下宿していた時は、ガスの貯蔵所であった。その後に建ったビルである。今年で、20年になるらしい。それを記念して、昨日は、35名ほどのクラッシク演奏会、今日はクリスマスイベントでのポップスの生演奏である。音楽に合わせて手を叩く、カラダが自然に踊る。疲れた脳は、いきなり、生き生きと。ボケがすっ飛んでしまった。これがセレンディピティーの効用である。

 急いで帰ろうと、KDDIビルを横切って近道をしたが。行き止まりである。縄が張ってある。そこには、「雪片の落下にご注意」の張り紙がある。新宿の他のビルは、そんな張り紙はない。KDDIビルが特別に高層である訳ではない。これもセレンディピティーの一種である。こんな出会いが疲れを癒す。

<読書>

「哲学カフェのつくりかた」鷲田清一監修  CAFÉ PHILO編 大阪大学出版会

「カフェフィロ」のワークショップを通じての、文字通り、「哲学カフェ」のつくりかたである。

喫茶「JUN」神戸、「東京哲学カフェ」、白金の「カフェラ・ボエム」、神田の「カフェテラス古瀬戸」、神戸の「グリーングラス」、「中之島哲学コレージュ」、など等、多数。フランスからの発祥らしい。ボケ爺が考えるに、会話が新しい発想を生む、なるほどガッテン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 7日 (日)

日本語は悪魔の言語

 下記の著書を読んでいたら、タイム社が、日本語大特集を出版した時の話で、日本語は「悪魔の言語」と書かれていて、憤慨した、と言う。元々はキリスト布教で、日本に滞在したローマ人が、言った言葉だそうだ。ボケ爺、常々思うことは「日本語は論理的ではない」、と。

 ボケ爺は、文学はまるで駄目である。ビジネス上で話である。アメリカビジネスでは英語圏での論理の違いに悩まされた。と言うより慣例語彙が違うのであるから仕方がない。それより、主語の重要性である。日本語は主語を誤魔化す(省略する)、が英語圏は、主語が大切だ。動詞の変化までも違ってくる。

 同様に、韓国に5年、住んで、文法も、漢字文化も同じでありながら、文脈の進め方がまるで違う。意思疎通に誤解が常に起きるのは当然だ。日本人は韓国人を厚かましい、と言う。しかし韓国にはその理由がある。

 今は中国でのビジネスに関わっている。先日、エレベーターで、中国人の恋仲だろう二人が乗り込んで来た。「Excuse us!」と、二人称をしっかり言う。驚きだ。翻訳を通じて日中のコミュニケーションをしているが、聞き返されることは、やはり主語に関することが多い。

 著者は言う。日本語は、点と点で、海外では、線と線である、と。この点と点に、日本語の良さがあるのだ、と。行間を読んで察する、奥ゆかしさがある、と。文学なら分かるが、ビジネス上では、「通じない」、とボケ爺は反論する。

<読書>

「乱読はセレンディピティ」外山滋比古 扶桑社

30年にもなる「思考の整理学」は古典となった。70代から第二の人生と、またまた、著筆活動に専念している英文学者である。90歳を超えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 6日 (土)

万能細胞iPSの品質向上

 iPS細胞をより受精卵に近づけて品質向上に成果が出た、と、ケンブリッジ大学から発表があった。高島康弘研究員が筆頭論文者である。マウスや、ラットなどは、「ナイーブ型」であれば、受精卵に近い。豚や、大きな哺乳類の場合では、「プライム型」となってしまい、さらに、受精卵に近い「ナイーブ型」まで持って聞きたい。

 ナイーブ型は、マウスなら受精から3.5日、人なら5日以内の状態である、と言う。高島研究員の話だと、2種類の遺伝子を操作することにより、プライム型からナイーブ型へと移行するそうだ。

 ナイーブ型の結果は、増殖が速い、細胞をバラバラにしても死なない、凍結保存が出来る、等のメリットがあるらしい。基礎科学のiPS細胞の未来が、さらに広がる研究が進んでいる。

 一方、STAP細胞の追試の期限の11月末が過ぎた。小保方研究員の運命が決まったことだろう。何時、結果発表されるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 2日 (火)

意味のない選挙

 アベノミクスの成果を問う選挙、と言われる選挙が忙しい師走に行われる。ボケ爺が不思議に思うことがある。(アベノミクスは経済音痴)

1) 安倍首相は、今の段階で、衆議院の解散は考えていない、と言い続けながら、「2日公示、14日選挙」のシナリオを進めていた。安倍首相は、言う事と為すことが、何時も不一致である。「大ウソつき者だ」

2) 民主党に、「議員定数の削減」を約束して、解散をさせたのに、約束に付いては一言も触れない。「大ウソつき者だ」

3) 消費税先延ばしで、何故、選挙で民意を問うのか?集団自衛権、秘密保護法、憲法改正、等、前回のマニフェストに無い事で民意を問うことをしない、で。政治家の勝手な都合だ。真意は別にある。「大ウソつき者だ」

4) アベノミクスの崩壊は明らかだ。大番振る舞いの金をばら撒いても、シナリオ通りに、経済は良くならない。今消費量を先延ばしでいいのか?2年後の日本の経済は益々悪くなっている。何故か、世界経済が悪くなるからだ。2年先の経済は闇だ。解っているはず。「大ウソつき者だ」

ボケ爺、中国でコンサルティングをしていて、解ることは、2年後の世界経済は暗い。成長から、成熟経済へのかじ取りが必須だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 1日 (月)

雨の師走

 先生の走る師走に入った。クリスマスツリーは、花盛りで、師走とは同期し無くなってしまった。ちょっぴり残念だ。今年(2014年)の師走は雨で始まった。午後から晴れるとは、裏切られた。

 今年は、このように、予想が外れる天候、災難が続いた。これも、CO2温暖化による異常気象と、「CO2温暖化」がすべての原因にされるが、本当か?太陽の活動は2007年ごろから、おとなしくなっている様だが?もう少し、丁寧な分析をお願いしたいものだ。

 一方、地球は熱を帯びている。地下マグマが騒いでいる。日本の火山帯は活性化しているのではないだろうか?西島は、いまだに拡張している。阿蘇山までマグマが押し寄せている。御嶽山は水蒸気爆発であるらしいが、その原因は、マグマの接近ではないか?地球地下層の活性化が、海水温の変化となり、結果は、温暖化、と見えるのだ?がボケ爺の自説である。賛同してもらえるかな?

 雨の師走は物悲しい。このままで一年が終わりそう。明るさはほど遠い。STAP細胞の騒ぎのように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »