« 中国、秋の長期休暇 | トップページ | 何時までもモテタイ男 »

2014年10月 4日 (土)

自然の造形、雲

 自然の造形は、いろんなところに現れる。不思議と一言で済まされないのだが。生物以外の自然の造形で、ボケ爺は、雲に魅せられる。雲の形状は無限である。特に機上から眺める雲の形や色に我を忘れる。

 雲のやさしさと、関係が無く、飛行機は思わず揺れる。激しくも。飛行機は雲の中を空中散歩もすることがある。稲妻も現れる。虹に魅せられる事もある。雲一つない世界もある。霧上の雲もあれば、綿雲もある、入道雲の競争の動的造形に会う事もある。一面、雲の海洋の上を滑る事もある。幾重にも重なっている事もある。

 真っ白であったり、白くて透明性も有ったり、灰色もありその灰色も黒に近い怖いものも現れる。見方によれば青光りするものもあれば、ピンク色も、黄色にも変化する。

 太陽の光で、いかようにも染まる時、特に、夕焼け、朝焼け時は、絶句の美。ボケ爺の飛行機に乗る楽しみは、雲の造形美にひと時の癒しを得ることにある。

<読書>

「万両ノ雪」(居眠り磐音 江戸双紙シリーズ)佐伯泰英 双葉文庫

居眠り磐音の差異周辺に相当するようだ。作者は体調がすぐれずしばらく休む、との事である。全てがハピーエンドとなって、面白みがない。再びの続編に期待する。

|

« 中国、秋の長期休暇 | トップページ | 何時までもモテタイ男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/60421334

この記事へのトラックバック一覧です: 自然の造形、雲:

« 中国、秋の長期休暇 | トップページ | 何時までもモテタイ男 »