« MOOCを知っていますか | トップページ | 中国、秋の長期休暇 »

2014年9月28日 (日)

御嶽山は?

 成田空港から機上の人となった。西に向かう。千葉市と幕張の間を抜けて東京を一望した。スカイツリーは見つけられなかったが、東京タワーは、赤いボディーがうかがえる。羽田空港に沿って横浜ベイエリアに至る。

 富士山が今日ほど間近に見える状態を味わったことが無い。昼前であった。林武の赤富士ではないが、頂上は真っ赤な溶岩がむき出しだ、不気味である。7合目までが溶岩で覆われている。まるで、赤い顔の鬼の様だ。御嶽山の活動を知って、次は富士山か?と想像してしまう。まるで生きているようだった。

 崖崩れの後が目立つ南アルプス、木曽路を過ぎて、御嶽山の噴火が見えるだろう、と目を凝らしてみていたが、見つけられなかった。一か所、その兆候はうかがえたが、噴煙が高く立ち上がっているようではなく、山を這っているようだったが。見落としたのだろうか?

<読書>

「風」青山七恵 河出書房新社

作家は、07年、「ひとり日和」で、芥川賞を受賞している。初めて読む作家だが、実に、「しつこい」突っ込みである。ボケ爺のような「ヒネクレ者」のようだ。猜疑心、懐疑心、疑心暗鬼、ねちっこい、全てを持ち合わせている様だ。その分、心理的描写は面白い。

|

« MOOCを知っていますか | トップページ | 中国、秋の長期休暇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/60391001

この記事へのトラックバック一覧です: 御嶽山は?:

« MOOCを知っていますか | トップページ | 中国、秋の長期休暇 »