« 敬老の日に | トップページ | 能力引き出す »

2014年9月18日 (木)

続く「ガラバゴス」日本

このところ、アベノミクスの第3の矢、成長戦略の政府系研究機関の講演会が行われている。無料だから出席する。その度、日米の政策、戦略との差に悩まされる。日本は、未だに、目先の修正(改善)と、大企業保護の優先施策など、相も変わらずのガラパゴス思考から、脱皮が出来ていない。

 燃料電池の戦略を見てみよう。日本の政策は、自動車への利用「のみ」である。ガスステーションのインフラ抜きで、大手自動車企業へ投資する。一部家庭用発電に燃料電池もあるが、天然ガスからの水素利用である。価格は、天然ガスよりも高くなることは明らかだ。ガスの水素変換にCO2が排出されるのに。

 アメリカは違う。石油の代替のエネルギーとして捉える。水素活用は、分散型燃料発電に活用して、プラグイン電気自動車、と考えている。テスラモーターズが、日本に殴り込みをかけてきた。700万円だそうだ。安い。CEOイーロン・マスクは、次世代は、燃料電池車ではない、と言い切っている。

何故、斯くも、政策が違うのであろうか?未来軸が広い、それに夢のロジックに、大きな違いがあるようだ。ボケ爺は、欧米の夢の方に酔う。

<読書>

「電子立国は、何故凋落したか」西村吉雄 日経BP

電子産業は国策企業からの社会主義企業で、甘えと、驕りの企業群である。ため息が出るほど、お上に頼っている。日本の電子産業は、部品以外は生き残れない。残念なことだ。

|

« 敬老の日に | トップページ | 能力引き出す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/60334530

この記事へのトラックバック一覧です: 続く「ガラバゴス」日本:

« 敬老の日に | トップページ | 能力引き出す »