« 感情は真理? | トップページ | 笹井博士の自殺 »

2014年8月10日 (日)

クレマチスの狂い咲き?

 台風の襲来の最悪の日である。昨日咲いた一輪の蒼色のクレマチスが雨に濡れている。これ以上の、雨や風は、可愛そうである。穏やかに過ぎ去ってくれることを祈る。

 今年の我が家の百日紅は、咲き遅れている。これからが盛りとなるようだ。との思いで、近くの家、街路樹を見ると、確かに、似たり寄ったりである。暑さといい、雨といい、申し分はないと思うのだが、なぜに、遅れているのだろうか?我が家の他の雑木も、成長が遅いように思える。6月の末から7月の初めには、一度、剪定をするのが習わしだったが、今年は省いてしまった。それほど見苦しくない程の成長だったからだ。何が狂っているのだろうか?ボケ爺も狂って来ているが、気が付かないだけでは?

<読書>

「利休にたずねよ」山本兼一  PHP研究所

1年ほどたって、やっと借りることが出来た。名作なのだろう。否、名作である。実に読み応えがある。一章ずつ、意味深い名言がある。その中で、ボケ爺に響いたのは、ボケ爺の人格の欠陥とえぐる「三毒の焔」古渓宗陳の章であった。三毒とは、食欲、瞋恚 愚痴 即ち、貪り、怒り、愚かさ、の事である。これが災いとなす。だが、誰しも毒を持つ、毒有ればこそ、生きる力が湧いてくる。毒を志まで、高めるしか救いは無い。ボケ爺、さて、まだ毒を志までには仕上がってはいない。そもそも利休とは、名利頓休、で、名利を貪るな、禅に励め!であるらしい

|

« 感情は真理? | トップページ | 笹井博士の自殺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/60128382

この記事へのトラックバック一覧です: クレマチスの狂い咲き?:

« 感情は真理? | トップページ | 笹井博士の自殺 »