« 日本は災害の多い国である | トップページ | 感情は真理? »

2014年8月 6日 (水)

チャーリーの怨めし顔

 今日は、昨日と同様に、朝から日射しが強い。今は7時半である。駅に急いでいたら、近所のミニュチャダックスフントが、あまりの暑さだろうか、ストライキを起こして、動かなく、ご主人は困っている。抱き上げるしか連れて帰らない、と思う。チャーリーと同じ、ワイヤー系である。

 チャーリーとの夏の散歩を思い出す。何時も帰りで、ストを起こして、ごねていた。ご主人のボケ爺でも熱い。ましてや、ダックスフントは、格別に脚が短い。アスファルトの道は、焼けきって溶けるほどだ。45℃以上はあるのだろう。まともに、その熱さを感じている、と思う。今になって。当時は怠け者、としかりつけていた。その度ごとに、怨めしや!と、ボケ爺を見返していた。今に思う、悪いことをしていたのだと。マー、その分抱っこして連れて帰ったのだから、許してもらえるだろう。抱っこした時の、誇り顔を未だに思い出す。

<読書>

「瓜子姫の艶文」坂東眞砂子  中央公論新社

艶文を巡って、男と女の駆け引きが展開される。そこに、ホラーに迷い込み、夢想へと引き込まれ、さらにミステリー化の展開になる。性描写は、いささか過激としても、何と複雑である男女の生態の本質に迫る。惜しい作家を無くした。

|

« 日本は災害の多い国である | トップページ | 感情は真理? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/60109664

この記事へのトラックバック一覧です: チャーリーの怨めし顔:

« 日本は災害の多い国である | トップページ | 感情は真理? »