« 猛暑、猛暑、猛暑 | トップページ | 日本は災害の多い国である »

2014年8月 2日 (土)

いつの間にか8月

いつの間にか、8月になってしまっていた。この夏のエルニーニョ現象は、空振りらしい。連日の真夏日、ボケ爺の熱中症も心配である。よく水を飲もうとするが、冷房、暖房の出はいりで、その気はすっ飛んでしまう。

今日の朝、大阪から帰って来たのだが、朝の大阪は、小雨が降っていた。台風の影響だ。東京駅に付くと、山手線は人身事故、東北線はドアの点検、埼京線も?と、暑さで、狂っている。水道橋駅にある事務所に寄ったのだが、後楽園ドームで、巨人‐広島戦があるようで、ホームや改札口は人で溢れている。人々は、明るく元気で厚さは気にならないようだ。

図書館前にあるケヤキの木が切り取られ、立派な株だけが残っている。その利用鵜を聞くと、中が腐っていたので切り取ったとの事、切株からは想像もつかない。

実篤文学館の外壁の隅から、2輪のユリの花のつぼみが、か細く、淋しそうに寄り添っている。今年は1輪増えたのだ。毎年花を咲かせる生物の生き方に感動する。

我が家の西は、空き地のままで、一ヶ月前に成長した雑草は刈りとられたが、再び、雑草が生い茂っている。しかし、雑草の種類は違ってしまっている。植物はどんな意識をして生存競争をしているのだろう。

<読書>

「弱者の戦略」稲垣栄洋 新潮選書

生物の世界も、生きるには戦略が要る。その戦略は様々だ。ナンバーワン以外は弱者であると言う。弱者の生き方を知ることは生物を知ることの基本である、と言う。昆虫などは、無限に近い種族が生き残っている。

|

« 猛暑、猛暑、猛暑 | トップページ | 日本は災害の多い国である »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/60084552

この記事へのトラックバック一覧です: いつの間にか8月:

« 猛暑、猛暑、猛暑 | トップページ | 日本は災害の多い国である »