« いつの間にか8月 | トップページ | チャーリーの怨めし顔 »

2014年8月 3日 (日)

日本は災害の多い国である

 四国で大雨が降り続いている。大風12号から遠く離れた地域だが。台風の反時計回りの風と、太平洋高気圧の時計回りの風とが相乗して、湿った空気を運んでいるからだ。それがなぜ四国なのか?

 今年の梅雨明け前の、大きな災害が起きなかったことに、安堵していたのだが。次の11号の台風は、「猛烈な」言われるまでに発達して、日本襲撃を狙っているような不気味な上昇を続けている。今週は、原発の回想、平和への祈りの週と重なる。

 日本は、今までは平和な国であるが、災害の多い国である。地震に、津波に、火事、など。その為の対策費は膨大だ。大昔から、その対策として、家は簡単に建てられる構造とした知恵がある。今はそうではなく建てる建設物を頑丈にすることへと、意識が変わってしまった。その分一度、災害が起こると、被害は甚大だ。

 簡素な生き方を見直してもいいのでないだろうか。

<読書>

「人を幸せにする目から鱗!研究」萩原一郎 岩波ジュニア新書

基本は、イグノーベル賞で賞を取るような研究であり、日本版イグノーベル賞で、お褒めを頂くような研究である。兎に角ユーモラスがあって、楽しい、愉快な研究をまじめに行うのが、幸せである、と言う。ボケ爺大いに同感である。今ア研究が平和な証拠である。

|

« いつの間にか8月 | トップページ | チャーリーの怨めし顔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/60092588

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は災害の多い国である:

« いつの間にか8月 | トップページ | チャーリーの怨めし顔 »