« Dresdenの初日 | トップページ | Dresdenのジョギングで膝を »

2014年7月 1日 (火)

豊かな一日

 日本との時差で、半日ほど得をしている。明日からの学会に備えて、休日を楽しむ。メールなどの整理が終えると、11時である。少し雲行きが怪しくなったってきたので、ホテルで傘を借りて、散歩と、しゃれ込む。朝のジョギングは、エルベ川沿いだったが、市街地に出かける。

 昼間からオペラがあるらしい。オペラハウスの建物が素晴らしい。沢山の人が押し寄せている。ボケ爺、とぼけて、内部を見学させてくれないか?と聞くと、当然、お断りの回答。ダメだ!と。しかし、と言うと、14時から、30分だけなら、次の講演の間で、許可してもいいと言う。さて行き当たりばったりで、再訪できたら来ることにした。

 次は、美術館だ、と入口近くまで近づいた途端に、スコールの様な雨がおそってきた。ホテルの傘では間に合わない。チケットを買い求めたら、42ユーロと言う。高すぎる、と抗議。どうやら全館を見るとそのぐらい掛かるらしい。最低は、と言うと12ユーロと言う。イギリスと比べ、格段に高い。それを買って入館したが、見ごたえはあった。

 昼食にする。デタラメに入ってみる。メキシカン料理であった。しまったと思ったが、後の祭りだ。メニューはまったくわからない。適当に選ぶ。水が高いので、ビールにする。バイスビヤー(醗酵ビール)が好きだ。大か、少かと聞かれるのは、初めてだ。当然、少を頼む。適当に冷えていて美味い。一般には冷やさないが。

 市街地を半周したところで、4時半頃にホテルに帰って来た。疲れたからだ。雷が鳴り響いてくる。30分もすると激しい夕立だ。50m先が見えない。ボケ爺は運がいい。今回の一人旅は、ツキがありそうだ。

|

« Dresdenの初日 | トップページ | Dresdenのジョギングで膝を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/59906200

この記事へのトラックバック一覧です: 豊かな一日:

« Dresdenの初日 | トップページ | Dresdenのジョギングで膝を »