« 世界は均一化される? | トップページ | いつの間にか8月 »

2014年7月27日 (日)

猛暑、猛暑、猛暑

 梅雨明けの今週は、猛暑が続く。猛暑と言ってしまえば、後の言葉が出てこない。兎に角熱い。ボケ爺、元々汗かきだ。汗が止まらない。企業を訪問することが多いので、暑さは困る。

 先日の金曜日、定期健診に出かけた。クレアチ二ン、Caが高く維持している、腎臓が弱っている、と言う。どうすればいいのか?精密検査をしなさい、と言う。8月早々から、血液検査から始まる、ここしばらく、病院通いが始まる。病院は嫌いなのだ。時間が定まらないから、延々待たされて、2分で終わることだってある。歳を取ると、なんでも変化する。無視したいのだが。

 今日の朝、ベランダが、ブドウの食べかすで、床が見えない程。椋鳥(ムクドリ)が犯人だと言うことは、3年間の観測から、やっと昨年、犯人を特定できたのだ。今年のブドウは出来がいい。期待しているのだが、まだ青い時から食い荒らされると、ボケ爺の口に入らない。さて、防ぐには。今、雷が襲ってきた。

<読書>

「遺伝子の不都合な真実」安藤寿康 ちくま新書

「すべての能力は遺伝である」と嫌なことを言う。わかちゃいるが、認めたくはない。ボケ爺の経験からしても、IQテストなど典型的に、遺伝子である。記憶力も、語学力も、陸上競技の運動能力は遺伝子である。だから、努力(環境)で、少しでも進歩するところを選んで生きてきた。ボケ爺の努力の人生、格好悪いね。悲しいね。

|

« 世界は均一化される? | トップページ | いつの間にか8月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160469/60052922

この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑、猛暑、猛暑:

« 世界は均一化される? | トップページ | いつの間にか8月 »